« <お知らせ>「記者山岡取材メモ」25回=「悪徳弁護士・公認会計士、八王子スーパー3名射殺事件など」 | トップページ | <心声天語>(140)覚せい剤事件で薄らぐ「日本の八月」 »

2009.08.10

全国25万名現職警官で唯一、「裏金」告発した仙波氏に、退職後も嫌がらせ

 本紙でも既報の、史上初にして唯一、現職警官だった2005年1月、警察の最大のタブー、取材謝礼などのニセ領収証を使って、公費を詐取し、主に幹部の懐を肥やすとされる「裏金」の存在を告発した愛媛県警の仙波敏郎元巡査部長(60)ーー今年3月31日、数々の嫌がらせを受けながらも(告発後、仕事のない部屋に異動させられるも、人事院への不服申立が認められ現場に復帰)、無事、定年退職した。ところが、警察を退職したOBが集う、「警友会」の入会案内をもらったので、「警察官だった証」として入会申込みしたところ、入会を断られたというのだ。誤解のないように断っておくが、仙波氏は警察が嫌いで内部告発したわけではない。警察という仕事が好きで、プライドがあるから、「警察組織を敵に回すのか」と上司に言われても、「犯罪(私文書偽造など)はできません!」と裏金作りのための領収書への署名を一貫して拒否して来たのだ。したがって、退職時も、「警察が好きですか?」と記者に問われ、「はい、今度生まれて来てもまた42年間やります!」と答えているのだ。そんな仙波氏に対し、なぜ、警友会は入会を認めないのか(告発後の報復人事に関する国家賠償請求訴訟でも、仙波氏は勝訴し、県警には100万円の支払い命令が出ている)。仙波氏は、近々、提訴も考えているようだ。
2009年8月10日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <お知らせ>「記者山岡取材メモ」25回=「悪徳弁護士・公認会計士、八王子スーパー3名射殺事件など」 | トップページ | <心声天語>(140)覚せい剤事件で薄らぐ「日本の八月」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45884129

この記事へのトラックバック一覧です: 全国25万名現職警官で唯一、「裏金」告発した仙波氏に、退職後も嫌がらせ:

« <お知らせ>「記者山岡取材メモ」25回=「悪徳弁護士・公認会計士、八王子スーパー3名射殺事件など」 | トップページ | <心声天語>(140)覚せい剤事件で薄らぐ「日本の八月」 »