« <連載>着々と武器輸出、海外派兵の地ならしを進める「死の商人」たちーー第1回「ポスト秋山直紀は、「朝日新聞」元政治部記者 | トップページ | 押尾学の事件で浮上する、警察を繋ぐ2人のキーマン(上場企業社長も)の正体 »

2009.08.14

<主張>8・11、静岡震度6地震を予知していた「大気中イオン濃度」測定法

 8月11日早朝、駿河湾を震源とするM6・5の強い地震があったのはご存じの通り。実はこの地震を「予知」したと思われる記事が、8月10日発売の『週刊大衆』(8月24・31合併号)に出ている。元大阪市立大学教授(構造地質学)・弘原海清氏の「警告」を記事にしたもので、実はこの取材をし、記事を書いたのは、本紙・山岡なのだ。地震学者の間では、現状、地震予知は不可能というのが定説というか、周知の“事実”とされている。(本紙では以前、原発を抱える電力会社と癒着しているとしか思えない専門家を指摘をしたことも=同記事はココをクリック)山岡も予知が十分に可能とは思っていない。だが、地震学者といわれる者の多くが、黙っていても、政府から巨額の「東海地震」直前予測の研究費が出ることに胡座をかき、切磋琢磨しないなか、「社会に研究成果を還元すべき」との弘原海氏の姿勢には頭が下がる。弘原海氏は阪神大震災で多くの犠牲者が出る中、それを阻止できなかったことを科学者として悩み、予知が外れた場合の批判をも省みず、「大気中イオン濃度」測定に注目した。そして、予知する上でひじょうに有望な(科学的にも)この方法を模索し、市民の協力を得て全国に測定網を敷き、随時、予知情報を出している。これに対し、地震学者はこれを未だ際物扱いし、無視する態度には常々疑問を感じていた。
 こうしたなか、まさに“当たった”としか思えない結果が出たことは喜ばしく、また、この測定法の有望さが改めて裏づけられたと思うので、いかなる測定法なのか、以下、紹介する。
2009年8月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>着々と武器輸出、海外派兵の地ならしを進める「死の商人」たちーー第1回「ポスト秋山直紀は、「朝日新聞」元政治部記者 | トップページ | 押尾学の事件で浮上する、警察を繋ぐ2人のキーマン(上場企業社長も)の正体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45928599

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>8・11、静岡震度6地震を予知していた「大気中イオン濃度」測定法:

» 「イオン」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「イオン」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「イオン」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009.08.17 19:29

» 電磁気で地震予知 ~大気イオンで地震予知?(13) [海の研究者]
静岡県沖で大きな地震があって10日ほど経ちました。名神高速が通行止めになったりして 大騒ぎでしたが、その後の静岡周辺の皆さんの生活は元に戻ったのでしょうか? さて、そんな静岡県沖の地震でしたが、あるNPOが大気イオン濃度の異常からこの地震の 前兆をキャッチしたとの発表がありました。しかしこの異常は自然現象とはいいがたいものです。 ●駿河湾の地震(M6.5)の前兆とらえる ~予測首都圏大地震とは異なる地震が発生~  (NPO 法人 大気イオン地震予測研究会e-PISCO)  http://www.e... [続きを読む]

受信: 2009.08.24 18:32

« <連載>着々と武器輸出、海外派兵の地ならしを進める「死の商人」たちーー第1回「ポスト秋山直紀は、「朝日新聞」元政治部記者 | トップページ | 押尾学の事件で浮上する、警察を繋ぐ2人のキーマン(上場企業社長も)の正体 »