« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第64回マイケル・ジャクソンは自殺だった!?(上)」 | トップページ | お年寄りに冷酷な「老齢加算廃止」を追認した福岡地裁判決 »

2009.07.08

<主張>野村證券担当者がいう「反市場的勢力」とは?

「反“社会”的勢力」という言葉がある。企業舎弟や、暴力団とコネのある連中が、暴力団の資金を、“危ない上場企業”などに注入し、暴力団に利益をもたらすような輩を意味し、事件化することもある。こちらの用語は、市場はその排除を目指しているから、その関係者の間では誰もが知る。 そうではなく、それとは別に、「反“市場”的勢力」という用語が近年誕生し、特にIPO(株式上場)を目指す企業において、この勢力の資金が注入されていたら、どんなに業績が良くても上場を認可されないという。では、どんな勢力を指すのか? 複数の市場関係者に聞くと、キチンとした定義はないが、「反社会的勢力でなくても、過去に株式売買等で事件を起こしたり、そこまでいかなくても空増資、株価操縦、インサイダーなどの疑惑が出るなど、株式市場を荒し、その健全性を毀損するような輩」を指すようだ。
2009年7月8日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第64回マイケル・ジャクソンは自殺だった!?(上)」 | トップページ | お年寄りに冷酷な「老齢加算廃止」を追認した福岡地裁判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45573380

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>野村證券担当者がいう「反市場的勢力」とは?:

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第64回マイケル・ジャクソンは自殺だった!?(上)」 | トップページ | お年寄りに冷酷な「老齢加算廃止」を追認した福岡地裁判決 »