« <書籍紹介>「東急不動産だまし売り裁判ーーこうして勝った」(林田力。発行所:ロゴス) | トップページ | 物品購入一元化新法人を疑問視ーーまた、日大・田中英壽理事長に関する「告発文書」出る »

2009.07.21

<心声天語>(134)本当の幸せとは?

インドと中国にはさまれた「ブータン」は、「貧しいながらも幸せな国」として知られてきた。チベット仏教を国教とするブータンは、独自の立場や伝統を守りつつ、前国王が提唱した国民総生産にかわる「国民総幸福量(GNH)」という概念を取り入れ、それに添った「国づくり」をしてきた◆ブータンの一人当たりの国民所得は、2000年代初めまでは数百ドルに過ぎながったが、最近は5000ドルに成長した。しかし、所得は増えても「幸福度意識」は、逆に低下した。英のシンクタンクが三年前に発表した国別幸福度指数(HPI)においてブータンは世界8位だったが、今年は17位となった◆経済発展にともなう近代化の波は、ブータンを急速に変貌させている。山間部の村にまで普及したテレビを通じて世界を知るようになった人々は、「便利」「贅沢」「快楽」に目覚め、欲するようになった。数年前までのブータンは、チベット仏教の教えと農作業に励み、家族の尊さ、伝統の大切を糧としていたのに…◆ある米経済学者が1974年、所得が向上しても、必ずしも幸福には結び付かない、という論文を発表した。それによると、1950年から20年間、日本の国民所得は7倍に増えたが、一方で生活の満足度は、国民所得が最下位グループに属するバングラデシュと同レベルまで低下している◆誰もが、「幸せな生活」を築こうと励み、頑張っている。ところが、「収入の増加」と「幸福感」は、反比例する。今年の国別幸福度指数で1位となったのは、中米のコスタリカ、日本は75位、米国は最下位に近い 114位だ。「幸せは金で買えない」と言っている人たちでさえ、「本当の幸せ」がなんであるかを、忘れてしまったようである。(和光)
 2009年7月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <書籍紹介>「東急不動産だまし売り裁判ーーこうして勝った」(林田力。発行所:ロゴス) | トップページ | 物品購入一元化新法人を疑問視ーーまた、日大・田中英壽理事長に関する「告発文書」出る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45696085

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語>(134)本当の幸せとは?:

« <書籍紹介>「東急不動産だまし売り裁判ーーこうして勝った」(林田力。発行所:ロゴス) | トップページ | 物品購入一元化新法人を疑問視ーーまた、日大・田中英壽理事長に関する「告発文書」出る »