« 本紙指摘通り、山口組企業舎弟だったことを証明した「INAX」工場への派遣会社 | トップページ | <心声天語>(135)「好きこそものの上手なり」 »

2009.07.23

水面下で、同様ケースがかなりある!? 被告が弁護士を装い、そして、逮捕された理由

  昨日の全国紙夕刊が、斎藤洋介被告が、弁護士を装い、東京拘置所に入り、暴力団組長に面会した件で、建造物侵入、有印私文書偽造・同行使などで逮捕された件を報じている。だが、なぜ弁護士を装う必要があったのか、また、なぜ弁護士でないことがわかったのか、この2つの重大な点が触れられていない。実は、以下のような事情があったからなのだ。
2009年7月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 本紙指摘通り、山口組企業舎弟だったことを証明した「INAX」工場への派遣会社 | トップページ | <心声天語>(135)「好きこそものの上手なり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45721788

この記事へのトラックバック一覧です: 水面下で、同様ケースがかなりある!? 被告が弁護士を装い、そして、逮捕された理由:

« 本紙指摘通り、山口組企業舎弟だったことを証明した「INAX」工場への派遣会社 | トップページ | <心声天語>(135)「好きこそものの上手なり」 »