« <心声天語>(132)仁義なき集団の「自民組」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(232)あの「日本LSIカード事件」被告・笹尾明孝が身柄を拘束された「現場」 »

2009.07.14

これが、モラルを無くした弁護士の3億円豪邸

 7月6日の「朝日」のある記事が、兜町関係者の間でちょっとした話題になっている。不況を反映し、倒産を手がける弁護士の存在感が増しているという内容なのだが、話題を集めているのは、その最後の「視点」というところに出ていた、脱税に加担したとして逮捕された弁護士の自宅が、ツタが壁をはう都心の豪華な一軒家で、「モラルを喪失すれば、弁護士という商売はいくらでも儲けられる」との他の弁護士の声を紹介している部分だ。この弁護士、「ABCホーム」の塩田大介元会長の脱税事件で、今年初め、共犯で捕まった田中章雅被告のこと。現在、公判中で、田中被告は関与は認めるが幇助に止まると主張しているようだ。それはともかく、プライベートな面を知る仕事仲間は少ない。また、弁護士は社会的地位は高いものの、年収500万円以下の者もたくさんおり、医者と違って、その待遇面はそれほど高くないから、なおさら、「松濤に自宅を建てるほど儲けていたのか!?」というわけだ。
2009年7月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <心声天語>(132)仁義なき集団の「自民組」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(232)あの「日本LSIカード事件」被告・笹尾明孝が身柄を拘束された「現場」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45628556

この記事へのトラックバック一覧です: これが、モラルを無くした弁護士の3億円豪邸:

« <心声天語>(132)仁義なき集団の「自民組」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(232)あの「日本LSIカード事件」被告・笹尾明孝が身柄を拘束された「現場」 »