« 大島健伸「SFCG」元会長の個人破産決定の意味するもの | トップページ | あの田中森一元弁護士の残りの服役期間 »

2009.06.05

<心声天語>(121)言葉が苦手な日本人

4日、オバマ米大統領がカイロ大学で“イスラム圏初の演説”を行った。イスラエル側の“大スポンサー”でもあるアメリカの指導者がイスラム社会で演説をしたのである。演説終了後、学生たちは興奮したかのように立ち上がり、オバマ大統領に熱烈な拍手を送った。さすが“世界の指導者”だ◆大統領選挙の時、オバマ大統領の演説が話題になった。政治的な中身は別にしても、信念と情熱が宿ったメッセージ性は、ここ最近なかった気がする。なにより、英語を聞き取れない人にも思いが伝わってくるようであった◆名演説の影響力は、法律の比ではない。実際、歴代の指導者たちは、「言論(スピーチ)という武器」で多くの危機を克服して来た。ルーズベルトは、1933年の就任演説で「我々が恐るべき唯一のものは、恐れるということ、そのものである」と、後世に残る言葉で国民の心を掴んだ。しかし、いくら雄弁な語り、熱きメッセージとて、背後に高邁な理念、哲学がなければ“言魂”は、宿らない◆言葉は人間関係の潤滑油だ。ところが、日本人は言葉が苦手ときている。NHKで放映している予算委員会や国会答弁を観ていると、ほとんどの先生方が下を向いて原稿を読み上げているだけ…原稿の誤字まで読んでしまうバカもいる。その最たる人が、麻生首相である◆日本の社会では、よく喋る人は“軽い人間”、無口は“貫禄”となっている。「兄弟仁義」なる歌には、《♪俺の目を見ろ“何にも言うな~”》との一節まである。これでは、コミュニケーションが世界で一番下手な民族、と言われても仕方がない。そろそろ日本の教育も「読み書きそろばん」から「言葉」に移行する時がきたようだ。(和光)
2009年6月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 大島健伸「SFCG」元会長の個人破産決定の意味するもの | トップページ | あの田中森一元弁護士の残りの服役期間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45245179

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語>(121)言葉が苦手な日本人:

» [パレスチナ]<オバマ大統領のカイロ演説の日本語訳(私訳)> [zames_makiの日記]
 以下はオバマ大統領の2009年6月4日カイロでの演説からパレスチナ問題に関して述べた部分全体の日本語訳です。オバマ大統領の演説はホワイトハウスのHPで読める(http://www.whitehouse.gov/the_press_office/Remarks-by-the-President-at-Cairo-University-6-04-09/)。演... [続きを読む]

受信: 2009.06.06 03:11

« 大島健伸「SFCG」元会長の個人破産決定の意味するもの | トップページ | あの田中森一元弁護士の残りの服役期間 »