« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(225)「昭文社」の現状に関する告発文 | トップページ | 「INAX」の疑惑に関する親会社「住生活グループ」の調査の現状(Ⅱ) »

2009.06.19

「SFCG」大島健伸元会長の自宅引っ越し先

  大手マスコミの、経営破綻した大手商工ローン「SFCG」絡みのいまの最大の関心事は、大島健伸元会長の自宅の引っ越し先だという。東京都渋谷区松濤の実質、自宅にしていた豪邸は、破産管財人に対する引渡命令が出て近く引っ越さなければならない。大手マスコミは、そんなに遠くない将来に、大島氏のXデーがあると思っており、その際のインタビュー、映像を確保するためにも、その新居先をちゃんと把握しておきたいということであるようだ。大島氏は、一度は強制排除前に自主的に出ようと引っ越し準備をしようとしたものの、マスコミに嗅ぎつけられ中止に。それ以降はマスコミの目がうるさいので、大島氏は松濤には戻らず、溜池のANAインターコンチネンタルホテルなど都内ホテルを転々としているようだ。
2009年6月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(225)「昭文社」の現状に関する告発文 | トップページ | 「INAX」の疑惑に関する親会社「住生活グループ」の調査の現状(Ⅱ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45388335

この記事へのトラックバック一覧です: 「SFCG」大島健伸元会長の自宅引っ越し先:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(225)「昭文社」の現状に関する告発文 | トップページ | 「INAX」の疑惑に関する親会社「住生活グループ」の調査の現状(Ⅱ) »