« 「革命」市長VS市議会・市職員ーー注目の鹿児島・阿久津市で、再選市長を誹謗中傷する「怪文書」まで登場 | トップページ | 東京地裁、松濤の豪邸引渡命令ーー「SFCG」大島健伸元会長の言い分 »

2009.06.06

もう一つの「エリアリンク」恐喝事件(続)

  マザーズ上場の不動産会社「エリアリンク」といえば、昨年2月、恐喝未遂事件にあったのは本紙でも既報の通り。最近は、熱海の物件取得で登場し、ちょっとした話題になったこともある。そのエリアリンクに関し、実は恐喝未遂事件以前に、既遂の恐喝があったと、その未遂事件で逮捕されたジャーナリスト・松原雄二氏が証言し、関係者の間に衝撃は走っている。松原氏が証言したのは月刊誌『紙の爆弾』最新号(07月号)において。というのも、恐喝したのはライター、それもかなり著名だ。しかも、その金額は5000万円とひじょうに高額だからだ。実は本紙はその疑惑を、松原氏の逮捕からほどない昨年4月、今回と同名タイトルで報じている。
2009年6月6日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「革命」市長VS市議会・市職員ーー注目の鹿児島・阿久津市で、再選市長を誹謗中傷する「怪文書」まで登場 | トップページ | 東京地裁、松濤の豪邸引渡命令ーー「SFCG」大島健伸元会長の言い分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45257978

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの「エリアリンク」恐喝事件(続):

« 「革命」市長VS市議会・市職員ーー注目の鹿児島・阿久津市で、再選市長を誹謗中傷する「怪文書」まで登場 | トップページ | 東京地裁、松濤の豪邸引渡命令ーー「SFCG」大島健伸元会長の言い分 »