« <対議>「憲法から『裁判員制度』を問う」(保坂展人×伊藤真) | トップページ | 不可解な「光通信」の「SBR」との業務提携基本合意締結の裏側 »

2009.06.28

地裁決定は民意におもねた“魔女刈り裁判”か!? SFCG側元担当弁護士が出した「大島健伸の破産の真相と問題点」

「SFCG」の破産管財人を務める瀬戸英雄弁護士が、大島健伸元SFCG会長に対する損害賠償請求権の査定申立、大島元会長個人に対する破産手続開始申立を行ったのは、本紙でも既報の通りだが、この件で、大島元会長側の代理人を務めた栃木義宏弁護士(瀬戸弁護士の所属弁護士会への、瀬戸弁護士の懲戒申立も行っている)が、「株式会社SFCG元代表取締役大島健伸の破産の真相と問題点」と題する“所感書面”を出した(A4版14枚)。サブタイトルが、「民事裁判制度を否定する東京地方裁判所民事第20部の強権的な手続き指揮について」となっていることでもわかるように、裁判所に対する深刻な疑問を抱いた内容だ。その核心を一言でいえば、SFCGと大島元会長のこの間の商法や不正疑惑に、多くの国民が怒りを抱くなか、裁判所はその民意を気にし、“魔女狩り裁判”をやっており、また、それを主導したのが瀬戸弁護士であるとする、衝撃の内容だ。
2009年6月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <対議>「憲法から『裁判員制度』を問う」(保坂展人×伊藤真) | トップページ | 不可解な「光通信」の「SBR」との業務提携基本合意締結の裏側 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45478942

この記事へのトラックバック一覧です: 地裁決定は民意におもねた“魔女刈り裁判”か!? SFCG側元担当弁護士が出した「大島健伸の破産の真相と問題点」:

» ウィッチテイル 見習い魔女と7人の姫 [ウィッチテイル 見習い魔女と7人の姫]
「ウィッチテイル 見習い魔女と7人の姫」に関連するブログを新着 10 件表示しています。 [続きを読む]

受信: 2009.06.29 06:38

« <対議>「憲法から『裁判員制度』を問う」(保坂展人×伊藤真) | トップページ | 不可解な「光通信」の「SBR」との業務提携基本合意締結の裏側 »