« <ミニ情報>明石・元国連事務次長の新たな就任予定先 | トップページ | いよいよXデー近しーーグッドウィルのクリスタル買収“中抜き”380億円に地検がメス »

2009.06.09

「SFCG」大島健伸元会長、松濤の豪邸をいよいよ退去か(大島氏の言い分Ⅱ)

 本紙が得た情報によれば、大島健伸「SFCG」元会長は昨日、社員に対し、渋谷区松濤の豪邸に来るように指示を出したという。「大島さんは早ければ6月10日に、裁判所の方から退去命令が出ると見ており、それまでに引っ越しをするつもり。その手伝いに、社員を呼んだようです。すでに引っ越し業者にも手配していますが、行き先は当日、直前にいうという念の入れようです」(関係者)。大島氏の会社登記上の住所は、渋谷区の別の住所になっている。だが、実際はここを自宅にしていた。先の東京地裁が認定した大島氏に対する約717億円の損害額のなかには、実質上のこの松濤の自宅家賃を月額1000万円から2100万円に、また隣接する研修場の家賃も月額525万円から1050万円に値上げした支払い分も含まれている。値上げ時期は、SFCGの破綻が予測された昨年9月以降の同年11月。同年9月から遡って、支払い済みの今年1月分までの値上げ分計8125万円。だが、大島氏は約717億円の査定が決定した申立事件で、東京地裁が目を通さなかったと思われる6月1日提出の「準備書面(2)」のなかでこう反論している。
2009年6月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <ミニ情報>明石・元国連事務次長の新たな就任予定先 | トップページ | いよいよXデー近しーーグッドウィルのクリスタル買収“中抜き”380億円に地検がメス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45282906

この記事へのトラックバック一覧です: 「SFCG」大島健伸元会長、松濤の豪邸をいよいよ退去か(大島氏の言い分Ⅱ):

« <ミニ情報>明石・元国連事務次長の新たな就任予定先 | トップページ | いよいよXデー近しーーグッドウィルのクリスタル買収“中抜き”380億円に地検がメス »