« 「来栖あつこ」の自殺未遂・借金騒動は、DVD発売の話題づくり!? | トップページ | <主張>健康保険証の切替で「臓器提供意思表示欄」が追加されたが・・・ »

2009.06.25

<心声天語>(127) 父の日

先週の、6月の第3日曜日は「父の日」だった。父の日は、「日本ファーザーズ・デー協会」が28年前に創立したそうである。「子どもの日」や「母の日」があるのだから父の日があって当然なのだが・・・。しかし、そこにはなんとなく、父の日を金儲けに利用しようとする"商魂"が見え隠れしているようで、もうひとつ盛り上がらないようだ◆昔は、「地震・雷・火事・親父」と言って、父親は恐い存在であった。とくに日本の父親たちは、子どもの躾にはとても厳しかったからか、子ども心にも"父親は恐い"という意識が刻み込まれていたものだ。ところが、最近は、父親の権威もすっかり失われ、子どもたちに『おい!オヤジ』と呼ばれたりしている◆男親の厳しさが欠けている家庭では、"根性のない子ども"が多いそうである。納得できる。子が成長する過程においては、父親から「辛さや苦しみに耐える信念や忍耐」を、母親から「相手を思いやる人間愛」を学ぶ。人間性や人格は、男親の「厳しさ」と女親の「やさしさ」によって形成される◆ある雑誌に、「男が弱くなった国家は弱体化する」とあった。この言葉は、今の日本にぴったりだ。子の不道徳を意見する父親もいなければ、若者たちの脱線を叱る大人もいない。こんな調子だと、誰が日本の子どもたちを導き、育むのだろうと、心配になってくる◆弱くなった父親の代わりに"強い母親たち" が増えている。政治家の中にも未だ、「ゴッドマザー」と呼ばれる母親の影響を受けている先生方が、少なくない。しかし、父親が受け持つべき役割を母親が担うのには、限界がある◆父の日にネクタイを贈られて喜んでいる世のお父さん方、「男」としての役割と義務こそが、「父の日の永遠なる課題」であることを忘れないように。(和光)
 2009年6月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「来栖あつこ」の自殺未遂・借金騒動は、DVD発売の話題づくり!? | トップページ | <主張>健康保険証の切替で「臓器提供意思表示欄」が追加されたが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45449238

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語>(127) 父の日:

» ゴッドファーザー2 ps3 [ゴッドファーザー2 ps3]
「ゴッドファーザー2 ps3」に関連するブログを新着 10 件表示しています。 [続きを読む]

受信: 2009.06.27 07:13

« 「来栖あつこ」の自殺未遂・借金騒動は、DVD発売の話題づくり!? | トップページ | <主張>健康保険証の切替で「臓器提供意思表示欄」が追加されたが・・・ »