« 新手の詐欺商法!?ーー年間市場2兆円、中東向け和牛独占輸出を謳う投資話 | トップページ | 金融サービス事業における社員不正行為に関する問い合わせにノーコメントの「SBR」 »

2009.06.04

元会長側弁護士が、査定申立弁護士を懲戒請求申立ーー東京地裁、大島健伸「SFCG」元会長の賠償額717億円を決定

 東京地裁は6月2日、昨年9月の時点で、経営破綻した大手商工ローン「SFCG」(破産手続き中)は支払い不能の状態にあることを知りながら、大島健伸元会長はそれ以降に次々と「資産隠し」を行い、その額は総額約717億円にもなるとの決定を出した。2005年施行の改正破産法で、破産管財人が裁判所に査定の申立を行えば、正式な裁判を起こさなくても、簡易かつ迅速に賠償額が決められるようになった(ただし、1カ月以内であれば異議申立でき、その場合は、改めて正式な裁判で争うことになる)。破産管財人を務める瀬戸英雄弁護士は、この間、SFCGからは約2670億円(簿価)の資産が流出したと見ているが、そこで、証拠がハッキリしている分として5月8日、申立人は717億1582万6396円と査定するとして、査定の申立を行っていた。そして、1カ月経ないで東京地裁はその申立額満額を認めたということだ。この約717億円という額は、1部上場企業の元役員に対してのものとしては過去、最高と思われる。大島元会長の「資産隠し」疑惑に関しては、本紙はいち早く報じているが、今回、裁判所のお墨付きが出たカッコウだ。ところが、これに対する意外とも思える動きを本紙はキャッチした。この申立を行った瀬戸弁護士について、大島元会長側の代理人弁護士が6月3日、「デタラメな申立額」として、瀬戸弁護士の所属する第一東京弁護士会に懲戒申立を行ったというのだ。
2009年6月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 新手の詐欺商法!?ーー年間市場2兆円、中東向け和牛独占輸出を謳う投資話 | トップページ | 金融サービス事業における社員不正行為に関する問い合わせにノーコメントの「SBR」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45233593

この記事へのトラックバック一覧です: 元会長側弁護士が、査定申立弁護士を懲戒請求申立ーー東京地裁、大島健伸「SFCG」元会長の賠償額717億円を決定:

» 「SFCG」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「SFCG」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「SFCG」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009.06.05 06:07

» 東京地方裁判所 破産 [NEWSな人生~天使と悪魔~]
契約の解除債権者は相当の期間を定めてその履行をするよう催告を行い、その期間内に履行がないときは契約を解除してしまうこともでき(541条)、履行不能となったときは、催告せずに、解除をすることができる(543条)。これによって契約は初めから「なかったこと」になり、..... [続きを読む]

受信: 2009.06.13 00:04

« 新手の詐欺商法!?ーー年間市場2兆円、中東向け和牛独占輸出を謳う投資話 | トップページ | 金融サービス事業における社員不正行為に関する問い合わせにノーコメントの「SBR」 »