« <心声天語>(121)言葉が苦手な日本人 | トップページ | 「革命」市長VS市議会・市職員ーー注目の鹿児島・阿久津市で、再選市長を誹謗中傷する「怪文書」まで登場 »

2009.06.06

あの田中森一元弁護士の残りの服役期間

 5月19日、大阪地裁で、依頼者からの預かり金9000万円を詐取したとして詐欺容疑に問われている、田中森一元弁護士に対する公判があり、検察側は懲役6年を求刑し結審した。判決は7月16日。田中被告とは、本紙でも既報のように、東京・大阪両地検の特捜検事だったが、その後、「闇社会の住人」専門の弁護を高額で引き受け話題を呼んでいた。その挙げ句、石橋産業の巨額手形事件では許永中受刑者と共に詐欺罪に問われ、こちらではすでに懲役3年の実刑が確定し、昨年3月末より服役している。こうしたなか、関係者の間では、田中元弁護士の社会復帰の可能性について、こんな見方も出ている。
2009年6月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <心声天語>(121)言葉が苦手な日本人 | トップページ | 「革命」市長VS市議会・市職員ーー注目の鹿児島・阿久津市で、再選市長を誹謗中傷する「怪文書」まで登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45247916

この記事へのトラックバック一覧です: あの田中森一元弁護士の残りの服役期間:

« <心声天語>(121)言葉が苦手な日本人 | トップページ | 「革命」市長VS市議会・市職員ーー注目の鹿児島・阿久津市で、再選市長を誹謗中傷する「怪文書」まで登場 »