« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(226)国立印刷局と某ゼネコンとの官製談合疑惑 | トップページ | 安倍晋三元首相との縁でーー善管注意義務違反が認定された「指月電機」社長らに対する株主訴訟 »

2009.06.23

仮想空間「エクシングワールド」の勧誘、今度は国民生活センターが約630件の相談があったと報道

 本紙が早くから(07年12月)注意を呼びかけていたソフトウエア開発・販売会社「ビズインターナショナル」が運用開始予定の仮想空間「エクシングワールド」への会員勧誘について、昨日の「日経」が、国民生活センターに「勧誘が強引」などとする相談が約630件あると報じている(これに対する同社の見解はここをクリック)。この会員勧誘は連鎖販売取引(いわゆるマルチ類似商法)を取っており、“不労所得”を得ようと強引な勧誘になるリスクが高い。同社の場合、会員になるには約40万円必要だが、ネット上の仮想空間の土地取引で高額報酬が得られるとする話題性もあり、若者を中心にかなりの数入会しているようだ。すでに宮城県は今年4月、被害拡大を懸念し、社名公表している(これに対し、同社はこの関係者4名を処分したとしている)。
2009年6月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(226)国立印刷局と某ゼネコンとの官製談合疑惑 | トップページ | 安倍晋三元首相との縁でーー善管注意義務違反が認定された「指月電機」社長らに対する株主訴訟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45430394

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想空間「エクシングワールド」の勧誘、今度は国民生活センターが約630件の相談があったと報道:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(226)国立印刷局と某ゼネコンとの官製談合疑惑 | トップページ | 安倍晋三元首相との縁でーー善管注意義務違反が認定された「指月電機」社長らに対する株主訴訟 »