« <主張>鳩山由紀夫氏代表就任ーー「小鳩」民主との見方は誤り | トップページ | <ミニ情報>いよいよ「トランスデジタル」絡みのXデー近し!? »

2009.05.20

携帯電話専門の窃盗事件多発の裏事情

 昨年秋あたりから、携帯電話専門の窃盗事件が急増している。この4月だけ見ても、3日には茨城県下妻市内で30台(機種によって価格に相当の開きあり。約250万円相当)、21日には大阪市堺市内で42台(190万円相当)といった具合。一方、昨年末を振り返っても、11月21日に滋賀県大津市内で約100台、12月8日には群馬県藤岡市内で約70台、19日に同高崎市内で約80台、20 日同太田市内で約80台。そしてこの1月29日は埼玉県鶴ヶ島市内で約100台といった具合。そのほとんどの被害者は、携帯電話がまとまって置かれている携帯電話ショップだ。こうしたなか、一部マスコミでは少し前に多発した金属(アルミ製の玄関の門など)や、建設現場の重機に続き、いま最新の窃盗は携帯電話と特集が組まれるほどだ。そして、もっとも多く被害を受けているのがソフトバンク製なのだ。そして、それには必然性があるようなのだ。
2009年5月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <主張>鳩山由紀夫氏代表就任ーー「小鳩」民主との見方は誤り | トップページ | <ミニ情報>いよいよ「トランスデジタル」絡みのXデー近し!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45073193

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話専門の窃盗事件多発の裏事情:

« <主張>鳩山由紀夫氏代表就任ーー「小鳩」民主との見方は誤り | トップページ | <ミニ情報>いよいよ「トランスデジタル」絡みのXデー近し!? »