« <記事紹介>SFCGから1000億円債権譲渡の「『木村剛銀行』にマネロン疑惑」(『FACTA』09年6月号) | トップページ | <雑誌紹介>「金の卵を産む積極的CSR戦略」(『ZAITEN』6月号臨時増刊号) »

2009.05.24

福岡市民の食を預かる鮮魚市場で持ち上がった冷凍マグロ架空取引疑惑

 本紙では、過去、新興市場に上場していたIT系企業などを中心に架空取引(循環取引)を取り上げたことがある。業績をよく見せかけることで、株価を維持することが目的だったのだが、こんな取引を、福岡市民の食を預かる中央卸売市場の鮮魚卸売業「福岡中央魚市場」(以下、中央市場に略)を始めとする複数の業者間でも行っていた疑惑が浮上している。すでに一部地元紙が、その取引額はわずか1年余りで30億円を超えるのでは、との見方を伝えている。本紙への関係者の証言によれば、この疑惑が浮上したのは、その取引の急増に協力していたある業者が恐れをなし今年3月支払いをストップしたため、この取引を本物と信じ込んでいたとする「岩永鮮魚仲卸」がそのことに気づき、この取引商品の冷凍マグロの大元卸である公的性格の強い中央市場へ抗議の内容証明郵便を送り、その回答書コピーなどと共に一部マスコミの間に流れたからだ。
2009年5月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>SFCGから1000億円債権譲渡の「『木村剛銀行』にマネロン疑惑」(『FACTA』09年6月号) | トップページ | <雑誌紹介>「金の卵を産む積極的CSR戦略」(『ZAITEN』6月号臨時増刊号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45113801

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡市民の食を預かる鮮魚市場で持ち上がった冷凍マグロ架空取引疑惑:

« <記事紹介>SFCGから1000億円債権譲渡の「『木村剛銀行』にマネロン疑惑」(『FACTA』09年6月号) | トップページ | <雑誌紹介>「金の卵を産む積極的CSR戦略」(『ZAITEN』6月号臨時増刊号) »