« 不正行為発覚で株価急落の「SBR」ーー本紙指摘の疑惑も徹底解明を | トップページ | なぜ、あの程度で逮捕!? 草彅剛公然わいせつ事件の真相 »

2009.05.21

<心声天語>(117)蟻(アリ)社会の天災

  先週、庭にある古い箱を片付けていると、その下に蟻の巣があった。アリたちは、何年も手付かずに置かれた箱の下で、平和で豊かな社会を築いていたようだ。ところが、箱が片付けられたことで突然、空に穴が開いたような状況になった。アリたちは何事が起こったのかも理解出来ずして、錯乱状態になっていた◆アリの巣が破壊されていく中、アリたちはパニック状態で動き回っていた。彼らの言葉こそ聞き取れないが、そこでは『ワッ~!地割れだ、全てが破壊されたぞ!女王さまの館も全滅だ!』と、叫びと悲鳴が渦巻いているようであった。無理もない。アリたちにすれば「天災」のなにものでもない◆箱を片付けたところを水で洗い流した。すると今度は、「大洪水」である。水に流されるアリ、吹き飛ばされるアリ、ホースの水圧がアリの巣を木っ端微塵に吹き飛ばしていく。アリの社会は地獄と化していった◆庭がきれいになり、アリの巣もなくなった。ところが、それでもわずかに生き残ったアリたちがいた。生き残ったアリたちは、新天地を求める旅に続け、新しい地に自分たちの新しい社会を築くことだろう。“天災”で消えた箱の下の文明は、生き残ったアリたちによって子孫代々、語り継がれるだろう◆人間が箱を片付けた行為は、アリたちにとっては天の異変、神の意思となる…いや、アリの文明からすれば、飛行機や自動車が行き交う人間社会そのものが“あの世”であろう。われわれが住んでいる地球にも、さまざまな自然の足跡がある。もしや、地球上に残っている失われた文明の伝説は、人間をアリのように眺めている何かの存在がもたらした“爪痕”ではないだろうか。(和光)
2009年5月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 不正行為発覚で株価急落の「SBR」ーー本紙指摘の疑惑も徹底解明を | トップページ | なぜ、あの程度で逮捕!? 草彅剛公然わいせつ事件の真相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45082498

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語>(117)蟻(アリ)社会の天災:

« 不正行為発覚で株価急落の「SBR」ーー本紙指摘の疑惑も徹底解明を | トップページ | なぜ、あの程度で逮捕!? 草彅剛公然わいせつ事件の真相 »