« 「東邦グローバル」に見る、新株予約権引受香港ダミー会社の常任代理人争い(Ⅱ) | トップページ | 宗教団体「真如苑」の甘い密を吸った警察・検察天下り危機管理会社 »

2009.05.16

「SFCGと出来レース」と書かれ訴訟提起した日本振興銀行と、SFCGの現状

  約5年前に設立された「日本振興銀行」(木村剛会長)が、会員制月刊総合情報誌『FACTA』5月号の記事で名誉を毀損されたとして訴訟提起したことを自社HPで5月11日に明らかにしている。記事タイトルは「『木村剛銀行』が堕ちたケモノ道」。何とも刺激的だ。サブタイトルは「中小企業を救うどころか、SFCGと一体化していた。ペイオフを人質に、二重譲渡にも平然」とあるように、要は、今回のSFCGの債権買い取り、その他にもイッコー、三和ファイナンス、ロプロなどのノンバンクと提携しており、公的役割が大きい銀行とはとても思えない金儲け主義に突っ走っていることを批判している内容だ。大手マスコミがリスクを恐れ、また政府筋に気を使ってか、SFCGの延命に同行が手を貸した事実にさえ触れないなか、その姿勢はりっぱとさえいえる。2月28日に報じられたテレビ番組「報道特集」(TBS系)のSFCG特集では、SFCGの貸出債権の8~9割は日本振興銀行に債権譲渡され、しかもその時期は破綻直前の昨年12月以降に一挙に加速したとの現役社員の声を紹介している。また、この債権譲渡では「トラブルのあるものはSFCGが買い戻す」との日本振興に極めて有利な特約条項が付いていた模様とも報じている。もっとも、「SFCGと一体化」「SFCGと出来レース」との指摘には、さすがに日本振興銀行も体面上、看過できず、訴訟提起となったようだ。今後、訴訟のなかでその“一体ぶり”がどれだけ出て来るか、大いに注目される。一方、SFCGの現状だが、確実に包囲網は狭まっている。
 2009年5月16日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「東邦グローバル」に見る、新株予約権引受香港ダミー会社の常任代理人争い(Ⅱ) | トップページ | 宗教団体「真如苑」の甘い密を吸った警察・検察天下り危機管理会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45030338

この記事へのトラックバック一覧です: 「SFCGと出来レース」と書かれ訴訟提起した日本振興銀行と、SFCGの現状:

» 「SFCG」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「SFCG」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「SFCG」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2009.05.20 06:36

« 「東邦グローバル」に見る、新株予約権引受香港ダミー会社の常任代理人争い(Ⅱ) | トップページ | 宗教団体「真如苑」の甘い密を吸った警察・検察天下り危機管理会社 »