« 山口組国粋会若頭が「免状不実記載」で逮捕に | トップページ | OBが怒りの「直訴状」ーー開局以来初の赤字転落でも、プロパー社長誕生でお茶を濁す「テレ朝」のお殿様商法 »

2009.05.14

<心声天語>(115)病んでいる日本社会

数年前、ニューズウィーク誌がアジアの若者を対象にアンケート調査を行った。「独立した個人であることはどれぐらい大切か?」との質問に、「とても大切」と答えた若者はタイで七十五%、フィリピン四十七%、中国二十八%、日本は九%であった。恥ずかしい限りである◆今の若者たちが生まれた時、日本はバブルの真只中であった。金が舞い、何千万円もするスーパーカーが街中に溢れ、小学生までがブランド品をつけて登校する“狂った社会”である。国中が“お金”に浮かれていたあの時、当時の子どもたちは、何を思い、何を考えていたのだろうか◆国家の将来は若者の健全度に比例する。今の若者たちに日本の将来を託さなければならないと思うと、不安が過ぎる。とくに、親が子を殺し、子が親を殺すに至っては“狂った社会”のなにものでもない。「教育」云々と言う前に、せめて「親を殺してはいけない」との、人間として最低限の常識だけは教えなければ…◆日本は、礼節と和、精神を重んじる国だ。ところが、今日の日本を観ていると、道徳もモラルもない、とことん病んでいる社会に見えてくる。いつ頃からこんな国になってしまったのだろう◆先のニューズウィーク誌の質問の中に「自国の指導者が誰か知っていますか?」との質問があった。それに対し「知らない」と答えた若者は、日本が四十五%でトップ、ベトナム四十四%、香港三十二%、マレーシア二十一%、韓国四%、驚きというより“恥”である。しかし、若者たちだけが悪いのではない。四年間で四人の首相が入れ替わっている日本、誰が指導者かわからないのは当然であろう。(和光)
 2009年5月14日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 山口組国粋会若頭が「免状不実記載」で逮捕に | トップページ | OBが怒りの「直訴状」ーー開局以来初の赤字転落でも、プロパー社長誕生でお茶を濁す「テレ朝」のお殿様商法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45011722

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語>(115)病んでいる日本社会:

» ドルチェ ガッバーナ [ドルチェ ガッバーナ]
僕はずっとドルチェ&ガッバーナを略したものをD&Gだと思っていたのですが、D [続きを読む]

受信: 2009.05.14 19:06

« 山口組国粋会若頭が「免状不実記載」で逮捕に | トップページ | OBが怒りの「直訴状」ーー開局以来初の赤字転落でも、プロパー社長誕生でお茶を濁す「テレ朝」のお殿様商法 »