« 某元領事、わが国への入国に関する便宜で逮捕へ(続) | トップページ | 世界の在庫8割引き受けーー日本政府自らが認めた、「タミフル」は新型インフルエンザに効かない »

2009.05.29

当事者幹部が証言――「ソフトバンク」携帯電話契約純増1位の裏に「寝かせ」疑惑(Ⅲ)

 本紙の追及に、『週刊文春』も参加するかたちになって、さすがに関係者の間では話題になっているようで、それは「ソフトバンク」の株価にも影響を与えているようだ。そんななか、ネットの「2ちゃんねる」などでは、本紙や『週刊文春』を誹謗中傷する書き込みも目立つ。だが、本紙はこの連載2回目で、都内のある倉庫に「寝かせ」になっていたソフトバンク製携帯電話を直に撮影。その写真を有料記事部分に掲載している。そして、この連載のように当事者幹部の証言まで取っているのだ。これらすべてがデッチ上げとでもいうのだろうか。
2009年5月29日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 某元領事、わが国への入国に関する便宜で逮捕へ(続) | トップページ | 世界の在庫8割引き受けーー日本政府自らが認めた、「タミフル」は新型インフルエンザに効かない »

コメント

割賦ではなく通常契約(181日縛り)で契約し、181日分は代理店に払ってもらう。携帯は売却。
代理店にはインセンとプラスαが入るのでOK。

投稿: しろろむ | 2009.06.07 23:23

「寝かせ」とは異なるかもしれませんが、裏金融兼業代理店が悪質な契約獲得をしていますね。
倒産間際で給料遅配、30人いた社員も既に残りは2人。
会社に個人の金を貸していて、会社印を自由にできる取締役を狙い、契約話をもちかける。
社員は既に残り2名なのに契約件数は、なんと400件。
その後、一ヶ月ももたずに会社は事業停止。
契約時に実質的な事後停止状態だったから当然の成り行き。
だからこそ社員2名で400件の契約ができたのだと記事を読んで理解できました。
同じような会社に、同じような手口で契約を増やせば、純増一位も当然ですね。

投稿: えどくん | 2009.06.06 02:28

こんにちは。
私は以前 代理店に勤務していました。
毎月の契約の7~8割が寝かせでした。
寝かせの方法は記事になっている方法と違います。
ソフトバンクの営業さんも承知していました。
今考えると良い事ではありませんが、ソフトバンクや一次店は数字が欲しい、代理店はインセンが欲しい 
それぞれの思惑が一致していました。

投稿: しろろむ | 2009.05.29 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45162738

この記事へのトラックバック一覧です: 当事者幹部が証言――「ソフトバンク」携帯電話契約純増1位の裏に「寝かせ」疑惑(Ⅲ):

» 何で頭が熱くなるのか [バロメータ2]
ブログを再開しようと思いながら、なぜブログを閉じたのか?なぜ再開しようと考えたのか?など、どう書けばよいかと模索するうちに、またまた不可解な症状に襲われて、これでは頭がもたないぞという状況になってしまった。 前回ブログを立ち上げたときも、切羽詰った状況下で「防犯カメラの映像が消えた」というような物騒なタイトルで始まったのだったが、今回も同じような出だしになってしまった。 私の前世のバロメータ時代に若干でも私のブログを見ていただいた方には、いくらか状況がお分かりの方もおられるだろうが、私の置かれた状... [続きを読む]

受信: 2009.05.29 09:53

« 某元領事、わが国への入国に関する便宜で逮捕へ(続) | トップページ | 世界の在庫8割引き受けーー日本政府自らが認めた、「タミフル」は新型インフルエンザに効かない »