« <記事紹介>「『西松献金事件』で検察リークの大誤報を連発する大手メディア」(『ZAITEN』09年6月号) | トップページ | <記事紹介>「高裁が認定した『政教一体の威嚇』ーー学会・公明党窮地に」(『ベルダ』09年5月号) »

2009.05.05

「昭和ゴム」「ウエッジホールディングス」の親会社=疑惑のファンド会社「APF」を告訴した会社の正体

  本紙は昨年7月26日、東証2部「昭和ゴム」、ヘラクレス上場「ウエッジホールディングス」を傘下に治めるなど、積極的に投資を行っているとされる投資ファンド「アジア・パートナーシップ・ファンド(APF)」の此下益司会長が、詐欺罪で東京地検特捜部に告訴されたとの「サンケイスポーツ」記事を紹介している。本紙がAPFに注目するのは、所属する為末大選手など著名人を広告塔に(新たな著名人出資者が判明したので以下に記す)資金集めを行っているが、すでに同社の実態は新たな投資資金を先のファンド償還に流用するなど自転車操業で、昭和ゴムなどへの投資も同社の資金を流用するためと思われ(そのため、ともかく内部留保の多い企業を狙う)、投資家にも、買収される企業側にとっても不幸な事態を招くことが懸念されるからだ。もっとも、前出の告訴の件は正式受理に至らず、APFにとっては幸いだった。
だが、受理されなかったのは無理ないかも知れない。というのは、この告訴会社、社名は伏せられていたが、未公開株の詐欺疑惑で悪名高い「人間と産業開発研究所」(H&M研究所。倉原忠夫所長)だったからだ。このH&M社、既報道によれば未公開株が10倍、100倍になると各地でセミナーを開催し、04年ごろから3年間に1万人以上の出資者から100数十億円を集めているとされる。この秘訣は倉原所長の洗脳手法、それに出資者が新たな出資者を紹介すると投資のリターンとは別に不労所得がもらえる連鎖販売(マルチまがい)システムを採用している点にあるようだ。
2009年5月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>「『西松献金事件』で検察リークの大誤報を連発する大手メディア」(『ZAITEN』09年6月号) | トップページ | <記事紹介>「高裁が認定した『政教一体の威嚇』ーー学会・公明党窮地に」(『ベルダ』09年5月号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44907861

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和ゴム」「ウエッジホールディングス」の親会社=疑惑のファンド会社「APF」を告訴した会社の正体:

» ◆ 和佐大輔さんの無料DVDとテキストをプレゼント! ◆ [3時間を超えるDVDと2つのレポートを無料でプレゼント!]
和佐大輔さんが17歳でインターネットビジネスを始め、その後1年間で1億円を稼ぎ、 さらに3年間、毎年数億円を稼ぎ続けてきた具体的なテクニックの数々。 その全ての秘密を、3時間以上にわたって語り尽くしたDVDとテキストの セットを限定3000名だけに無料でプレゼントするお知らせです。... [続きを読む]

受信: 2009.05.06 11:07

» FX投資 [FX投資]
FX投資(外国為替証拠金取引)は、大切な資産を増やすことができる手段です。初心者の方にも分かりやすくFX投資のしくみや利益の上げ方などを紹介するブロクです。 [続きを読む]

受信: 2009.05.07 14:39

» Vicodin. [Vicodin.]
Darvocet vs vicodin. Vicodin. Vicodin at overseas pharmacies. Buy vicodin without script. Lorcet vicodin online. [続きを読む]

受信: 2009.05.20 09:02

» Prozac used for. [Prozac.]
Phentermine prozac. [続きを読む]

受信: 2009.05.24 12:14

» 未公開株 詐欺 [未公開株 詐欺]
未公開株についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009.05.25 14:50

« <記事紹介>「『西松献金事件』で検察リークの大誤報を連発する大手メディア」(『ZAITEN』09年6月号) | トップページ | <記事紹介>「高裁が認定した『政教一体の威嚇』ーー学会・公明党窮地に」(『ベルダ』09年5月号) »