« <記事紹介>「高裁が認定した『政教一体の威嚇』ーー学会・公明党窮地に」(『ベルダ』09年5月号) | トップページ | <心声天語>(113)母の日 »

2009.05.06

新型インフルエンザの次なる恐怖ーーインドネシアで「鳥」と混合し強毒型発生か(異変!? 死者13億以上!?)

 メキシコで発生した豚インフルエンザから変異した新型インフルエンザ(H1N1型)は、幸いにも、スペインかぜより死亡率(2%)は低い弱毒性との見方が固まって来ている。当初、死亡率6%という見方もあったが、それは、通常のインフルエンザによる死者も含まれていたり、感染者の数が低く見積もられていたためだったことがわかっている。一方、新型ウイルスの解明も進み、北米と欧州・アジアの少なくとも2種類の豚インフルエンザが混ざってできたもの、スペインかぜの原因と見られる遺伝子を持っていないーーつまり、1918~19年に大流行し、当時の世界人口の3割近くが感染、推定死者4000万名を出したスペインかぜより病原性は弱い(死亡率は0・1~1%?)と思われることがわかって来た。こうしたことから、新型インフルエンザとはいうものの、基本的に例年流行するインフルエンザとそう大差ないと、早くも楽観論が大勢を占めつつある。だが、この新型インフルエンザを甘く見てはいけない。専門家のなかには、スペインかぜも当初はもっと弱毒性だったが、第2波で死亡率が高くなった模様で、薬への抵抗性を獲得するなどして今回ももっと死亡率が上がる可能性を指摘し、警戒を呼びかける向きもある。
だが、本紙が指摘する次なる恐怖とはそんなレベルではない。今回の新型インフルエンザが、致死率60%以上という強毒性の鳥インフルエンザ(H5N1型)が変異した新型インフルエンザを呼び込む可能性をいっているのだ。
2009年5月6日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>「高裁が認定した『政教一体の威嚇』ーー学会・公明党窮地に」(『ベルダ』09年5月号) | トップページ | <心声天語>(113)母の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44924322

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザの次なる恐怖ーーインドネシアで「鳥」と混合し強毒型発生か(異変!? 死者13億以上!?):

» 子供用のN95マスク情報 [メディコム N95マスク 通販情報]
今、人気のものは新型インフルエンザ予防のN95マスクですね。子供用が特に人気があります。やはり子供は感染しやすいので、対策をとったほうがいいですね。 同じマスクでも、正規の規格のものは安心です。ですから、Amazonや楽天通販でよく売れていて、トップランキングにも入っています。 しかし現在、あまりにも人気のため、あっとうまに在庫が無くなることもでてきています。チェックはこまめにしたほうがいいでしょう。 ところで、新型インフルエンザ対策としてのN95マスク、今のところ在庫はまだあるよう...... [続きを読む]

受信: 2009.05.06 22:47

» 新型インフルエンザ対策!【米国N95規格相当】3層サージカルマスク [『厚生労働省のうんちく』]
新型インフルエンザ対策! 【米国N95規格相当】3層サージカルマスク このマスクが売れてるみたいですね。 マスクは持っていたら何かしら使いますからね。 花粉症とかの方もいらっしゃいますしね。 厚生労働省のうんちく...... [続きを読む]

受信: 2009.05.18 21:49

« <記事紹介>「高裁が認定した『政教一体の威嚇』ーー学会・公明党窮地に」(『ベルダ』09年5月号) | トップページ | <心声天語>(113)母の日 »