« <書評>『現職警官「裏金」内部告発』(仙波敏郎元愛媛県警巡査部長) | トップページ | 福岡市民の食を預かる鮮魚市場で持ち上がった冷凍マグロ架空取引疑惑 »

2009.05.24

<記事紹介>SFCGから1000億円債権譲渡の「『木村剛銀行』にマネロン疑惑」(『FACTA』09年6月号)

  経営破綻した大手商工ローン「SFCG」の貸し出し債権を1000億円近く譲渡されていた関係から、“木村銀行”こと「日本振興銀行」(木村剛会長)の在り方が問われているのは本紙でも指摘の通り。なかでも、一段と厳しく、かつ、ディープな情報を掲載し、それだけ脅威の存在と映ったのだろう、日本振興銀行が会員制月刊総合誌「FACTA」の先号(5月号)記事を提訴したわけだが、それにめげるどころか、同誌は5月20日発行の6月号でさらに厳しい記事を掲載しているので紹介しておく。一つは、同行は昨年11月、ロシアの銀行と提携したが、外為取引に欠かせない口座を開設しておらず、この提携が、マネーロンダリング(資金洗浄)に利用されているとの情報が海外からわが国当局に入っているというもの。これだけでも十分に衝撃的だが、さらに同誌は、SFCGの貸し出し債権の譲渡を受けた中小企業経営者に対し、日銀出身、その後、小泉内閣時代、竹中平蔵金融相のブレーンを務め、法の抜け道にも精通しているであろう木村会長は、あるウルトラCを使い、さらなる儲けを企んでいるとも指摘している。
2009年5月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <書評>『現職警官「裏金」内部告発』(仙波敏郎元愛媛県警巡査部長) | トップページ | 福岡市民の食を預かる鮮魚市場で持ち上がった冷凍マグロ架空取引疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/45108908

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>SFCGから1000億円債権譲渡の「『木村剛銀行』にマネロン疑惑」(『FACTA』09年6月号):

» 日本振興銀の検査着手=リスク管理状況を把握-金融庁 [リプラス 情報収集組合]
●SFCG(破産手続き中)に関連して、債権買取をした日本振興銀行(東京都千代田区大手町)の一連の行為について、金融庁が監視をしはじめました。 というのも、今の現在多くの金融機関が貸し渋りをしている中、同じ銀行であるにも関わらず、日本振興銀行は債権の買取などをし..... [続きを読む]

受信: 2009.05.28 15:17

« <書評>『現職警官「裏金」内部告発』(仙波敏郎元愛媛県警巡査部長) | トップページ | 福岡市民の食を預かる鮮魚市場で持ち上がった冷凍マグロ架空取引疑惑 »