« <心声天語>(112)ある中国青年の話 | トップページ | <記事紹介>「タイ日本人怪死事件ーー俺の弟を殺したのは誰だ」(『実話ナックルズ』6月号) »

2009.04.30

<主張>これでも銀行といえるのかーーSFCG債権買い取りで大儲け(!?)の「木村剛銀行」

 4月28日、「日本振興銀行」(木村剛会長)は2008年度の決算について発表した。それによれば、経常利益は前年度比6倍以上の29億2000万円、純利益は同8倍以上の13億9000万円となり、過去最高益を更新したという。それもこれもこのわずか1年で貸出残高が3・8倍の3134億円と大幅増加したからで(預金残高は同3・2倍の4024億円。高利の定期預金を売り出した結果)、そのうちの実に約3割を占める930億円が、経営破綻した大手商工ローン「SFCG」から譲渡を受けた貸出債権だった。これだけみれば、まさにSFCG様々なのだ。だが、冷静に考えて見ると、「銀行」がこんなことで儲けていいのだろうか。確かに法律違反ではないかも知れない。だが、銀行が公的存在といわれ、ペイオフになっても国が預金者一人当たり1000万円まで補填してくれるのは、企業が経済活動を行う上での“血液”となって社会貢献しているからだろう。ところが、この間、日本振興がやったことといえば、SFCGの貸出債権買取だけでなく、経営破綻前からSFCG社員の最大の雇用受け皿でもあった。有り体にいえば、“預金”を利用した「商工ローン業者」ともいえる。しかも、公的銀行がまさか商工ローンの債権買取など想定してなかったからだろう、法の穴を付く結果となり、グレーゾーン金利分の債権も請求できると来ている。こんなことで大儲けする同行は、果たして銀行と呼べるのか?
2009年4月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <心声天語>(112)ある中国青年の話 | トップページ | <記事紹介>「タイ日本人怪死事件ーー俺の弟を殺したのは誰だ」(『実話ナックルズ』6月号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44848952

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>これでも銀行といえるのかーーSFCG債権買い取りで大儲け(!?)の「木村剛銀行」:

» 法人融資 [法人融資]
法人融資 [続きを読む]

受信: 2009.05.01 01:57

» eワラント [eワラント]
eワラント [続きを読む]

受信: 2009.05.01 16:01

» 銀行住宅ローン [銀行住宅ローン]
銀行住宅ローンを上手く利用して住宅を手に入れる必要があります。銀行住宅ローンを利用するための知識やしくみなどを紹介したブログです。 [続きを読む]

受信: 2009.05.11 10:53

» 武富士と東急カードについて [武富士と東急カードについて]
武富士と東急カードについて [続きを読む]

受信: 2009.05.15 04:33

« <心声天語>(112)ある中国青年の話 | トップページ | <記事紹介>「タイ日本人怪死事件ーー俺の弟を殺したのは誰だ」(『実話ナックルズ』6月号) »