« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(213)大手解体業者へのカチ込み事件絡みで名前の出るゼネコン | トップページ | 昨年10月の本紙不具合は、やはりサイバーテロが原因だった »

2009.04.03

日本振興銀行傘下「カーチスホールディングス」新社長の触れられたくないある出来事

 3月24日、東証2部上場、中古車買取大手「カーチスホールディングス」の社長に、大村安孝氏が就任したのはご存じの通り。カーチスは、いま世を騒がせている大手商工ローン「SFCG」(大島健伸会長)の傘下にあったが、経営破綻したことから、多額の債権を有していた「日本振興銀行」(木村剛会長)が担保権を行使した結果、2月20日、同行はカーチス株の50・05%を取得。その後、3月25日に4・9%を処分したものの、なお、45・1%を所有している。このように、この間、経営権はSFCGから日本振興側に移行。そしてSFCGと日本振興はこの間、二重譲渡疑惑などでトラブルとなり、日本振興は大島SFCG会長の違法行為を確認したとして、警察に捜査を申し入れているとまで広報するほど犬猿の仲になっている。ところが、大村社長の経歴を見ると、同氏は昨年10月までSFCGの常勤監査役を約1年間務めていたとなっている。これだけ見れば、大村氏は親SFCGのはず。その人がなぜ、日本振興傘下の社長なのか?
2009年4月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(213)大手解体業者へのカチ込み事件絡みで名前の出るゼネコン | トップページ | 昨年10月の本紙不具合は、やはりサイバーテロが原因だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44553866

この記事へのトラックバック一覧です: 日本振興銀行傘下「カーチスホールディングス」新社長の触れられたくないある出来事:

» ノンバンク不動産担保ローン [ノンバンク不動産担保ローン]
堀江貴文氏の逮捕後初の会見を(ほぼ/リフォームローン の得する情報や注意点などのご/ [続きを読む]

受信: 2009.04.05 22:27

» 無理なく利用、キャッシング&ローン [無理なく利用、キャッシング&ローン]
無理なく利用、キャッシング&ローン [続きを読む]

受信: 2009.04.06 05:22

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(213)大手解体業者へのカチ込み事件絡みで名前の出るゼネコン | トップページ | 昨年10月の本紙不具合は、やはりサイバーテロが原因だった »