« 「SFCG」人脈が呼び込んだ、某上場企業の50億円債務保証 | トップページ | <主張>警察の組織犯罪報道はタブー!? “見殺し”にされた道新記者 »

2009.04.21

誰が何のために!?  流布する後藤組元組長“得度”の背景に関しての怪情報

  指定暴力団「山口組」の有力直系組織だった「後藤組」の元組長・後藤忠正氏(66)が、去る4月8日、神奈川県内の寺院で得度(髪を剃り、僧侶として生まれ変わり、仏道に帰依する誓いを立てる儀式)を行ったのは大手マスコミ既報の通り。後藤氏といえば、昨年10月、実質、破門になり、後藤組は2つに分割されている。そうした経緯もあり、今回の得度に至る背景につきいろんな見方がされている。また、当局も関心を持ち、当日は現地に警視庁、地元の神奈川県警、それに後藤組本部のあった静岡県警の捜査員もかなりの数詰めかけていた。そんななか、本紙は簡単には信じられない情報を得た。当初は受け流していたが、その後、この情報はすでに関係者の間に流布していることがわかった。もっとも、証拠はなく、裏が取れないということでどこも報じていない。とはいえ、その出所を追うと、少なくともある勢力が何らかの意図を持って計画的に流しているとしか思えないのだ。
2009年4月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「SFCG」人脈が呼び込んだ、某上場企業の50億円債務保証 | トップページ | <主張>警察の組織犯罪報道はタブー!? “見殺し”にされた道新記者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44744408

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が何のために!?  流布する後藤組元組長“得度”の背景に関しての怪情報:

« 「SFCG」人脈が呼び込んだ、某上場企業の50億円債務保証 | トップページ | <主張>警察の組織犯罪報道はタブー!? “見殺し”にされた道新記者 »