« 日本振興銀行傘下「カーチスホールディングス」新社長の触れられたくないある出来事 | トップページ | <記事紹介>)「国が後押しする『高齢者専用賃貸住宅』の実態」(『ベルダ』08年4月号。本紙・山岡) »

2009.04.04

昨年10月の本紙不具合は、やはりサイバーテロが原因だった

 昨年10月、本紙のHPが見えなくなり、完全復旧までに2カ月も要したことがあった。原因は、本紙がレンタルしていたサーバー会社「ラピッドサイト」のサーバーに大きな圧がかかり、システムダウンしたことに端を発する。大きな圧がかかることはいろんな原因が考えられ、通常、サーバー会社は数時間ないし数日で復旧させてくれる。ところがこの時、ラピッドは接続を切り、本紙との契約を一方的に破棄して来た。そのため、他のサーバー会社と新たに契約し、最初からプログラミングの設定などやり直さないといけなくなり、復旧まで長時間要しただけでなく、大きなコストがかかり、何より信用も失ってしまった。そのラピッドの異常な対応から、当時からサイバーテロの可能性が高いと見ていたが、今回、さる専門家の調査報告から、サイバーテロの可能性が確定的になった。
2009年4月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 日本振興銀行傘下「カーチスホールディングス」新社長の触れられたくないある出来事 | トップページ | <記事紹介>)「国が後押しする『高齢者専用賃貸住宅』の実態」(『ベルダ』08年4月号。本紙・山岡) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44564887

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年10月の本紙不具合は、やはりサイバーテロが原因だった:

« 日本振興銀行傘下「カーチスホールディングス」新社長の触れられたくないある出来事 | トップページ | <記事紹介>)「国が後押しする『高齢者専用賃貸住宅』の実態」(『ベルダ』08年4月号。本紙・山岡) »