« 上場廃止になった「春日電機」。余りに遅い前社長ら告訴 | トップページ | 元社長ら逮捕の問題グループーー普天間移設問題不透明なのに、早くも沖縄・辺野古での工事を落札したあのパシコン »

2009.04.05

北朝鮮「テポドン2号」改良型打ち上げ成功。世界で10番目の自前人工衛星打ち上げ国に

 北朝鮮の国営「朝鮮中央通信」は本日午後、「運搬ロケット『銀河2号』で、人工衛星『光明星2号』を軌道に進入させることに成功した」と公式に報道。これに先立ち、わが国政府は正午ごろ、北朝鮮が人工衛星打ち上げと称する「テポドン2号」改良型の長距離弾道ミサイルは本日午前11時33分に発射され、同37分には秋田県の西方約280キロの日本海上に一段目が落下。落下物への迎撃(破壊措置)は行われなかったと発表したのはご存じの通り。このミサイルは、北朝鮮の通知通りの地域に、1段目も、2段目も落下し、そして衛星軌道に乗せたわけで、北朝鮮は今年2月のイランに続き、世界で10番目の自前の人工衛星打ち上げに成功した国になる。
だが、ここで注目すべき事実が別にある。それは、国際シンクタンク「国際危機グループ」が3月31日に公表した報告書だ。
2009年4月5日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 上場廃止になった「春日電機」。余りに遅い前社長ら告訴 | トップページ | 元社長ら逮捕の問題グループーー普天間移設問題不透明なのに、早くも沖縄・辺野古での工事を落札したあのパシコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44576677

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮「テポドン2号」改良型打ち上げ成功。世界で10番目の自前人工衛星打ち上げ国に:

« 上場廃止になった「春日電機」。余りに遅い前社長ら告訴 | トップページ | 元社長ら逮捕の問題グループーー普天間移設問題不透明なのに、早くも沖縄・辺野古での工事を落札したあのパシコン »