« <新連載>『金沢誠@メディア・クライシス season1』(第6回)「日テレが文化放送を傘下に!?」 | トップページ | 著名ジャーナリストが提携再開の大手先物会社「コムテックス」ーー今度は「長谷工」関連会社元役員の破産管財人に訴えられる »

2009.03.24

「SFCG」、2重譲渡問題発覚で民再認められず破産へーー他にもファミリー企業への架空巨額債権譲渡疑惑

 2月に商工ローン大手「SFCG」は民事再生法を申請したが、この間、大手マスコミでも貸し出し債権の2重譲渡問題を取り上げだしたことなどから、これでは民事再生の大前提となる正確な債権額さえ把握できないということで、東京地裁は本日、民再手続きの廃止を決定。そのため今後、第3者の保全管財人が破産手続きを進めることになった。SFCGを巡っては、この他にも数々の重大疑惑が挙がっている。破綻直前、大島健伸会長などにファミリー企業が巨額の抵当権を設定、本紙がいち早く指摘した競売妨害疑惑もそうだが、その他にも破綻直前、貸し出し債権の2重譲渡と並行し、複数の大島ファミリー企業へ巨額の架空債権譲渡がされていた疑惑がある。その額は、本紙が掴んだだけでも500億円近くにもなる(以下に、その債権譲渡登記の証明書を転載)。
2009年3月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載>『金沢誠@メディア・クライシス season1』(第6回)「日テレが文化放送を傘下に!?」 | トップページ | 著名ジャーナリストが提携再開の大手先物会社「コムテックス」ーー今度は「長谷工」関連会社元役員の破産管財人に訴えられる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44453795

この記事へのトラックバック一覧です: 「SFCG」、2重譲渡問題発覚で民再認められず破産へーー他にもファミリー企業への架空巨額債権譲渡疑惑:

» 指標 [指標]
指標 [続きを読む]

受信: 2009.03.29 03:33

« <新連載>『金沢誠@メディア・クライシス season1』(第6回)「日テレが文化放送を傘下に!?」 | トップページ | 著名ジャーナリストが提携再開の大手先物会社「コムテックス」ーー今度は「長谷工」関連会社元役員の破産管財人に訴えられる »