« マザーズ上場「JDC」新社長の過去 | トップページ | 追悼本が触れた、飯島愛と「クリスタル」買収脱税疑惑人脈との接点 »

2009.03.23

<心声天語>(102)人間の個性

会社の近くにある駐車場で鳩と雀がパン屑を食べていた。数人の人が駐車場に入ってきた。すると、鳩の方は人が近づいてもパンくずを食べ続けていたが、雀は逃げるように飛び去ってしまった。しばらくして、駐車場に人がいなくなると雀は戻ってきた。そして、鳩の群れに混ざってエサを突っついていた◆鳩と雀はどこの国でも見かける身近な鳥だ。しかし、鳩と雀の習性は異なる。鳩は人間を怖がらないが、雀は人の気配を感じると一目散に飛び去ってしまう。人間に慣れようとしない雀をみていると、「おい雀よ、もういいかげんに人間を信じてもいいんじゃないのかい」と言ってやりたくなる◆「平和のシンボル」として聖書にまで登場する鳩は、古代から、人間に大切にされてきた。反面、雀の方は穀物を喰い荒らす「害鳥」として人間に追われる環境で生きてきた。こうしたことから、雀のDNAに「人間は敵!」「人間に近づくな!」とのプログラムが書き込まれ、それが子孫代々受け継がれてきたのだろう◆生物のDNAにはさまざまな本能的プログラムが刻み込まれている。そしてそれが、何代にもわたって受け継がれてくるうち、生存環境に適応する「習性」となるのだろう。雀が人間に近づこうとしないのも、なんとなく、わかるような気がする◆鳩や雀ばかりではない。人間にも様々なタイプの人がいる。怒りやすい人間、疑り深い人間、卑怯でズルイ人間、人と仲良くできない人間…こうした個性もまた、育った環境や先祖や両親から受け継がれてきた本能的プログラムによるもの? かもしれない。(和光)
2009年3月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« マザーズ上場「JDC」新社長の過去 | トップページ | 追悼本が触れた、飯島愛と「クリスタル」買収脱税疑惑人脈との接点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44444066

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語>(102)人間の個性:

« マザーズ上場「JDC」新社長の過去 | トップページ | 追悼本が触れた、飯島愛と「クリスタル」買収脱税疑惑人脈との接点 »