« 東京都安全・安心条例「改正」へ-ー本会議採決の本日27日、都庁前で抗議行動 | トップページ | 北朝鮮ビジネスと麻生財閥 »

2009.03.28

大株主の立場を悪用し、事件揉み消しを図る!? 「BBH」元社長

  ジャスダック上場のコンサルタント企業「BBH」(旧ビジネスバンクコンサルティング)といえば、“都民の憩いの場”である中野サンプラザを実質、所有し、経営していた(08年10月に撤退)ということもあり、本紙でも注目し、その所有に至る疑惑に関するなど何度も報じたことがある。そのBBHの定時株主総会が3月26日に開催されたが、前代未聞といっていいことが起きたので、以下、報告する。簡単にいうと、BBH創業者で社長だった大島一成氏は、その大株主の権限で持って、経営陣を完全にすげ替えたのだ。社長には自分の父親が就いた。その理由だが、大島氏が業務におけて不正を行っていたとして、旧経営陣が損害賠償請求訴訟を提起したからだ。その中には女性スキャンダル的なものも含まれている。これが事実なら、大株主の立場を悪用したとの批判を受けても仕方ない。前代未聞の出来事といっていいだろう。
 2009年3月28日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 東京都安全・安心条例「改正」へ-ー本会議採決の本日27日、都庁前で抗議行動 | トップページ | 北朝鮮ビジネスと麻生財閥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44493262

この記事へのトラックバック一覧です: 大株主の立場を悪用し、事件揉み消しを図る!? 「BBH」元社長:

» 債務整理 [債務整理]
債務整理 [続きを読む]

受信: 2009.03.29 01:43

« 東京都安全・安心条例「改正」へ-ー本会議採決の本日27日、都庁前で抗議行動 | トップページ | 北朝鮮ビジネスと麻生財閥 »