« 恐喝事件後の東証2部「バナーズ」 | トップページ | 「バナーズ」恐喝事件の容疑者、本日、釈放へ »

2009.03.18

<記事紹介>「資産解体を狙った『裏デス』の手口とは?」(本紙・山岡。『日本経済ヤバい!教科書』。別冊宝島1607)

 現在、発売中の『日本経済ヤバイ!教科書』はなかなか面白い。日本経済はなぜ、ここまで悪化してしまったのか、官僚ファシズム、米国植民地としての役割、レバレッジ経営、派遣などの雇用形態など、あらゆる確度から検討し、本音がコンパクトにまとめられているからだ。同じ別冊宝島シリーズの1492で、『日本経済タブーの教科書』(08年1月)が出たが、その続編みたいな感じで、今回も須田慎一郎(経済ジャーナリスト)、中森貴和氏(帝国データ情報取材課長)+(株式評論家の山本伸氏)の座談会構成が中心になっている。そのなかで、本紙・山岡は、前回は「東理ホールディングス」の増資疑惑について書いたが、今回は「裏デス」の仕組みについて書いた。
2009年3月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 恐喝事件後の東証2部「バナーズ」 | トップページ | 「バナーズ」恐喝事件の容疑者、本日、釈放へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44389297

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「資産解体を狙った『裏デス』の手口とは?」(本紙・山岡。『日本経済ヤバい!教科書』。別冊宝島1607):

« 恐喝事件後の東証2部「バナーズ」 | トップページ | 「バナーズ」恐喝事件の容疑者、本日、釈放へ »