« <新連載>『金沢誠@メディア・クライシス season1』(第7回)「出版不況で扶桑社もリストラ実施」 | トップページ | またまた新たな疑惑が--SFCG融資物件を破綻直前、ファミリー企業名義に換えていた大島健伸会長(Ⅱ) »

2009.03.31

上場廃止決定の「アーティストハウス」社長と「東理ホールディングス」

 3月27日、東京証券取引所はマザーズ上場の「アーティストハウスホールディングス」を4月28日付で上場廃止にすると発表した。アーティストハウスはミュージックランドを始めとする子会社を軒並み売却したが、それら子会社が連結全体の主要な売上高や総資産を占めていたことから、事業活動が停止したと判断した結果であるのはご存じの通り。それはともかく、このアーティストハウスを昨年4月から率いており、ミュージックランドなどの売却を決定したのは平原宏一氏だが、社長就任当初から、闇社会にも通じる人物のダミー説、また同氏は筆頭株主(約25%。大量保有報告書より)でもあるが、その取得資金約3億1000万円は自己資金とされる(同)が、これにも疑問の声が上がっていた。本紙はつい最近、その平原氏と東証2部上場「東理ホールディングス」との関わりについて、興味深い事実に気づいたので以下、報告しておく。平原氏に関しては、以前から元暴力団で、仕手筋といってもいいU氏との関わり合いが囁かれていたが、それを証明するといってもいい資料が存在したのだ(以下に平原氏直筆の株に関する譲渡契約書転載)。
2009年3月31日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載>『金沢誠@メディア・クライシス season1』(第7回)「出版不況で扶桑社もリストラ実施」 | トップページ | またまた新たな疑惑が--SFCG融資物件を破綻直前、ファミリー企業名義に換えていた大島健伸会長(Ⅱ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44521248

この記事へのトラックバック一覧です: 上場廃止決定の「アーティストハウス」社長と「東理ホールディングス」:

« <新連載>『金沢誠@メディア・クライシス season1』(第7回)「出版不況で扶桑社もリストラ実施」 | トップページ | またまた新たな疑惑が--SFCG融資物件を破綻直前、ファミリー企業名義に換えていた大島健伸会長(Ⅱ) »