« やはり「SFCG」に食い物にされていた!?「佐藤食品工業」に関する重大疑惑 | トップページ | 指定暴力団「松葉会」に異変が…… »

2009.03.03

東証2部「バナーズ」恐喝事件の真相

 本紙で2度に渡りお伝えした、3月2日、全国紙でも報じられた、東証2部「バナーズ」の第3者割当に絡んだ恐喝事件だが、事件の全容が見えて来たので、以下、報告する。なお、警視庁発表の逮捕者の1人、金武雄容疑者=「神商」の鈴木武雄代表のことだ。今回の事件は、07年7月にバナーズが実施した8億2500万円の第3者割当増資に端を発する。この時の増資の引き受け手は小林達也氏なる人物と、「ジェイ投資事業組合4号」なる投資事業組合だった。だが、最初の思惑と違って株価は一向に上がらず、投資事業組合を通じた実際の引き受け手も株を処分できず、文句が出ていたようだ。そこで、バナーズはほどない同年10月、今回の事件に直に関係する17億円の第3者割当増資を行う。この時の表向きの引き受け手は「インベストサイゴン」だった。
2009年3月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« やはり「SFCG」に食い物にされていた!?「佐藤食品工業」に関する重大疑惑 | トップページ | 指定暴力団「松葉会」に異変が…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44231262

この記事へのトラックバック一覧です: 東証2部「バナーズ」恐喝事件の真相:

« やはり「SFCG」に食い物にされていた!?「佐藤食品工業」に関する重大疑惑 | トップページ | 指定暴力団「松葉会」に異変が…… »