« 「SFCG」、2重譲渡問題発覚で民再認められず破産へーー他にもファミリー企業への架空巨額債権譲渡疑惑 | トップページ | 「談合」担当元ゼネコン幹部が語るーー西松建設の「表献金」が突出していた理由 »

2009.03.25

著名ジャーナリストが提携再開の大手先物会社「コムテックス」ーー今度は「長谷工」関連会社元役員の破産管財人に訴えられる

  本紙では、先物会社のなかでも際立って問題が多く、また著名人を広告塔に使い続けていることから、大手先物会社「コムテックス」を何度も取り上げているが、今度は東証1部、マンション建設大手「長谷工コーポレーション」の関連会社だった「長谷工ファイナンス」元経理担当役員(56)の業務上横領事件に絡んで、コムテックスら6社が、元役員の破産管財人から総額5億4000万円の損害賠償請求訴訟を東京地裁に起こされていたことがわかった。元役員は00年から01年にかけて大豆やトウモロコシなどの先物取引に、会社から着服した約6億円のほとんどを注ぎ込んだものの、決算書類を改ざんして隠蔽。しかし、08年3月、長谷工コーポレーションに同社が吸収合併される際に発覚。昨年6月、逮捕されている(上告中。1、2審とも懲役6年の実刑判決)。コムテックに関しては、すでに7億円以上の浄土宗僧侶による横領事件で……、また東証1部、スギ薬局を展開する「スギホールディングス」元経理担当部長の約5億6000万円の横領事件絡みでも……。
2009年3月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「SFCG」、2重譲渡問題発覚で民再認められず破産へーー他にもファミリー企業への架空巨額債権譲渡疑惑 | トップページ | 「談合」担当元ゼネコン幹部が語るーー西松建設の「表献金」が突出していた理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44459531

この記事へのトラックバック一覧です: 著名ジャーナリストが提携再開の大手先物会社「コムテックス」ーー今度は「長谷工」関連会社元役員の破産管財人に訴えられる:

« 「SFCG」、2重譲渡問題発覚で民再認められず破産へーー他にもファミリー企業への架空巨額債権譲渡疑惑 | トップページ | 「談合」担当元ゼネコン幹部が語るーー西松建設の「表献金」が突出していた理由 »