« 長野県参事自殺に関する怪情報 | トップページ | 久間章生元防衛相人脈ともリンクーー「東邦グローバルアソシエイツ」を牛耳る中澤人脈(続き) »

2009.02.26

<主張>コンビニ業界はポストサラ金業界!?

 コンビニの店舗数シェア第2位の「ローソン」は2月24日、同7位の「エーエム・ピーエム・ジャパン」を買収する方針を固めたと、「日経」が報じている。記事の解説によれば、店舗数が飽和状態に近づくなか、競争激化となり、これ以上の急激な成長は難しいということで、ローソンは一挙に店舗数を増やせるM&A戦略を取ったという。これにより仕入れルートを集約化することで、収益率を高められるわけで、今後、最大手の「セブンイレブン」、同3位の「ファミリーマート」など大手主導の集約化再編が加速すると見る。だが、問題はもっと深刻で、かつて“わが世の春”を謳歌したサラ金業界が、過払い金返済で一挙に斜陽産業化したのと同じような構造が、コンビニ業界に起ころうとしている側面も大きいのではないか。サラ金業界における「利息の過払い」に相当するのは、コンビに業界においては、チェーン店にこれまで負担させて来た「ロスチャージ(商品廃棄損)」、漆器類のリース代始め、無駄なコストは他にも数々あると思われる。
2009年2月26日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 長野県参事自殺に関する怪情報 | トップページ | 久間章生元防衛相人脈ともリンクーー「東邦グローバルアソシエイツ」を牛耳る中澤人脈(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44183472

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>コンビニ業界はポストサラ金業界!?:

» 喫茶店テーブルゲームの大登工業 [喫茶店ゲーム機リースの大登工業]
「現在テレビゲームは、やる人が少なく売り上げも乏しいから設置意味がない」とお考えであればそれは間違いです。売り上げが、ご負担(御家賃、電気、水道 、ガス等)軽減やもっとそれ以上に貢献している事実があります。 [続きを読む]

受信: 2009.02.27 11:24

« 長野県参事自殺に関する怪情報 | トップページ | 久間章生元防衛相人脈ともリンクーー「東邦グローバルアソシエイツ」を牛耳る中澤人脈(続き) »