« Xデーに向けての債務逃れ!? SFCG・大島健伸社長の自宅に100億円抵当権(続き) | トップページ | <書籍紹介>『映画「ポチの告白」が暴いたものーー報道されない警察とマスコミの腐敗』(寺澤有。インシデンツ) »

2009.02.13

「クリスタル」買収で暴利ーー会計士、バラマキ投資先「東邦グローバルアソシエイツ」に国税の反面調査

 旧「グッドウィル・グループ」(GWG)による「クリスタル」買収で闇に消えた約380億円の内、公認会計士・中澤秀夫氏が得た分は約180億円と見られる。この件で、脱税の疑いが強まったとして、東京国税局が昨年10月、所得税法違反(脱税)容疑で強制捜査(査察)に着手したことは本紙でも既報だが、関係者の証言などから、先週、大証2部「東邦グローバルアソシエイツ」を、その反面調査で国税職員が訪ね、関係資料を押収していたことがわかった。中澤氏は約180億円の内、約120億円を複数の会社に投資、そのなかの1社が東邦グローバルだった。
2009年2月13日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« Xデーに向けての債務逃れ!? SFCG・大島健伸社長の自宅に100億円抵当権(続き) | トップページ | <書籍紹介>『映画「ポチの告白」が暴いたものーー報道されない警察とマスコミの腐敗』(寺澤有。インシデンツ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44048214

この記事へのトラックバック一覧です: 「クリスタル」買収で暴利ーー会計士、バラマキ投資先「東邦グローバルアソシエイツ」に国税の反面調査:

« Xデーに向けての債務逃れ!? SFCG・大島健伸社長の自宅に100億円抵当権(続き) | トップページ | <書籍紹介>『映画「ポチの告白」が暴いたものーー報道されない警察とマスコミの腐敗』(寺澤有。インシデンツ) »