« <新連載>『金沢誠@メディア・クライシス season1』(第2回)「 日テレ、東京ヴェルディ売却、日活買収の狙い」 | トップページ | 警視庁が受理したインペリアルグループ・今津雅夫氏詐欺容疑捜査巡る奇っ怪事実 »

2009.02.03

「かんぽの宿」凍結ーー日本郵政立ち入り検査で、飛び火しそうなオリックス以外の上場企業

 適正価格より若干安いぐらいかと思い気や、バブル時代に建てたものもあるかも知れないが、それにしても日本郵政が約2400億円かけて建設した「かんぽの宿」など70施設を109億円でオリックスに売却しようとしていたのだ。いくら何でも、格安であるのは明らかだろう。『週刊朝日』でジャーナリスト・今西憲之氏が、売却予定物件を具体的に検討し疑義を呈すれば、『サンデー毎日』では不可解な入札の経緯を報じ、オリックスへの売却予定が凍結したのみならず、ついには日本郵政に総務省が立ち入り検査することが決定。事件化の様相さえ、見せて来ている。こうなると、事はオリックスの宮内義彦会長以上に、“公共財産”を恣意的に特定の相手に譲渡することを許した疑惑ある、日本郵政と西川善文社長の責任問題が出て来るのは必定だろう。こうしたなか、早くも兜町事情通の間では、これに関連して“危ない上場企業”の名前がオリックス以外に3社囁かれている。
2009年2月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載>『金沢誠@メディア・クライシス season1』(第2回)「 日テレ、東京ヴェルディ売却、日活買収の狙い」 | トップページ | 警視庁が受理したインペリアルグループ・今津雅夫氏詐欺容疑捜査巡る奇っ怪事実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43948274

この記事へのトラックバック一覧です: 「かんぽの宿」凍結ーー日本郵政立ち入り検査で、飛び火しそうなオリックス以外の上場企業:

» 定額給付金の積極活用を [バロメータ]
日本の産業の失速がとまらない。まるで墜落しつつある飛行機のようである。 何とか産業の崩壊を止めないと、輸出産業で社会を維持している日本は、経済的に大打撃をこうむり、大きな混乱が生じることになるだろう。それは何とか食い止めなければならない。 そういう気持ちで「直ちに内需拡大に取り組むべき」を書いたが、そんなつつましい取り組みでは、到底追いつかない状況であるようだが、問題は取り組みの速度と国民意識の喚起だと思う。 定額給付金の支給が決定したが、この資金はもっと有効に活用すべきという意見が多かった。そ... [続きを読む]

受信: 2009.02.04 00:06

« <新連載>『金沢誠@メディア・クライシス season1』(第2回)「 日テレ、東京ヴェルディ売却、日活買収の狙い」 | トップページ | 警視庁が受理したインペリアルグループ・今津雅夫氏詐欺容疑捜査巡る奇っ怪事実 »