« パシコン元社長の息子・荒木謙の詐欺人生(2) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(205)当局が上場企業傘下オーナー不正で動いている!? »

2009.02.19

「東邦グローバルアソシエイツ」社長の自宅所有権にも異変

 単なる偶然なのだろうか。本紙は最近、2人の上場企業社長の自宅の所有権に関して記事にしている。1人が東証1部、大手商工ローン「SFCG」の大島健伸氏。もう1人は、沖縄県に本社を置く「サイバーファーム」(破産申請)の社長だった半田貞治郎氏。前者には、SFCGのXデーが囁やかれるなか、100億円という巨額抵当権が設定された事実。後者は破綻直前、名義が妻と思われる女性に変わっていた事実をスッパ抜いた。これに対し、大証2部の住宅建設会社「東邦グローバルアソシエイツ」の横田満人社長(70)の自宅も、妻と思われる女性名義に変更になっていた事実を本紙は掴んだ。
2009年2月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« パシコン元社長の息子・荒木謙の詐欺人生(2) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(205)当局が上場企業傘下オーナー不正で動いている!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44107948

この記事へのトラックバック一覧です: 「東邦グローバルアソシエイツ」社長の自宅所有権にも異変:

« パシコン元社長の息子・荒木謙の詐欺人生(2) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(205)当局が上場企業傘下オーナー不正で動いている!? »