« 久間章生元防衛相人脈ともリンクーー「東邦グローバルアソシエイツ」を牛耳る中澤人脈(続き) | トップページ | 破産で綺麗事をいってられない!? 未だ大手先物会社「コムテックス」の広告塔を務める浜田幸一 »

2009.02.27

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(208)社長が借金で自社上場株式の過半数を売却模索!?

 どういう理由で、それだけの借金を背負ったのかは不明だが、ともかくその借金返済のため、ある上場企業のオーナー社長が、自社株の半分以上を売却すべく動いているという。実はすでにそれだけの株が街金の担保に入っているのだが、その事実はIRされていない。それだけでも驚きだが、担保流れでは大損なので、その社長、もっと高く買ってくれるところを探すように極秘に同社監査役に依頼。ところが、この監査役、これを好機と、逆に会社乗っ取りを画策しているというのだ。「怪文書」まで登場している(以下に転載)。
2009年2月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 久間章生元防衛相人脈ともリンクーー「東邦グローバルアソシエイツ」を牛耳る中澤人脈(続き) | トップページ | 破産で綺麗事をいってられない!? 未だ大手先物会社「コムテックス」の広告塔を務める浜田幸一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44195367

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(208)社長が借金で自社上場株式の過半数を売却模索!?:

« 久間章生元防衛相人脈ともリンクーー「東邦グローバルアソシエイツ」を牛耳る中澤人脈(続き) | トップページ | 破産で綺麗事をいってられない!? 未だ大手先物会社「コムテックス」の広告塔を務める浜田幸一 »