« 破産で綺麗事をいってられない!? 未だ大手先物会社「コムテックス」の広告塔を務める浜田幸一 | トップページ | 東証2部「バナーズ」恐喝で捕まった!? 仕手筋大物の面々 »

2009.02.28

<書籍紹介>『田母神塾ーーこれが誇りある日本の教科書だ』(田母神俊雄。双葉社)

 反面教師として、本書を紹介する(2月26日より発売中)。本人は笑いを取るつもりで言っているのだろうが、本書に目を通すと(目次を掲載)、昨年10月、アパグループ主催の懸賞論文に「日本は侵略国家であったのか」なるタイトル論文を寄せた問題で航空自衛隊トップの座を追われた田母神俊雄元航空幕僚長(60)は“危険人物”であることがよくわかる。田母神氏は前書きで、自虐史観はいけないという。過去の過ちを認めること=日本は悪い国となり、国民に自信と希望を与えられないからだというのだ。だが、過ちを認めることこそ本当の勇気がいり、そうできる国は、逆にますます誇りが持てると思うのだが。続けて、田母神氏は当時は欧米列強はもっと悪いことをやっていたという。その通りだ。だが、「あいつが10人も人を殺したから、1人だけの俺に罪はない」なんて理屈が通じないことは、小学生だってわかる。こんな単純思考の持ち主が、航空自衛隊トップだったことに唖然とさせられる。やられた者の痛みをまったくわかろうとしない、その神経にも驚かされる。日韓併合で、韓国の産業は大きく伸びたし、創始改名は強制でなかったという。そうだとしても、産業発展は結果論に過ぎないし、どこに本当に望んで創始改名する者がいるというのか。多くの者は生き残るためにやむにやまれずやったことで、なぜ、そこに思い至らないのか。ところが、こんな人物に対し、実質、首を切った自民党から、次期衆議院選挙出馬へのオファーが来ているという。
2009年2月28日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« 破産で綺麗事をいってられない!? 未だ大手先物会社「コムテックス」の広告塔を務める浜田幸一 | トップページ | 東証2部「バナーズ」恐喝で捕まった!? 仕手筋大物の面々 »

コメント

『見つかった!南京の記述!、翰林版にも!』

「Voice of America」などによると
南京の記述が無い無いと騒いでいた(2007年2月頃)、
翰林版の教科書にも、最後の付録の大時紀(大年表)に
"日軍入城大肆殺戮、是為南京大屠殺"
と書いてあるそうです。

http://www.voafanti.com/gate/big5/www.voanews.com/chinese/archive/2007-02/w2007-02-13-voa42.cfm
 臺教科書淡化南京屠殺國民黨不滿 記者: 張永泰
 台北
 Feb 13, 2007

 台灣新版高中歴史教科書當中,出現了淡化處理南京大屠殺事件的情形。
 在野黨的國民黨對此相當不滿,並提出了批評。

 有關1937年的南京大屠殺事件,台灣今年許多不同版本的高中歴史課本都出現了淡化處理的情形。
 以翰林版為例,課文沒有提到南京大屠殺,只在最後附録的大事紀當中提到“日軍入城大肆殺戮,
 是為南京大屠殺”15個字。

 Voice of America

投稿: カルビー | 2009.03.18 14:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44205656

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『田母神塾ーーこれが誇りある日本の教科書だ』(田母神俊雄。双葉社):

» 東京裁判は復讐劇だ。 [愛国心を育てる名言]
東京裁判は復讐劇だ。 [続きを読む]

受信: 2009.03.02 20:12

» 懸賞サイト [YOUTUBE 動画ニュースダイジェスト]
●●いつでもポイント6倍●●●送料半額キャンペーン中●●ワンデーアキュビュー使用者もおススメ☆◆ネオサイトワンデー【30枚入り】商品価格:1,580円レビュー平均:4.6 懸賞サイトで儲かっている人が、「知恵袋」で相談に乗ってくれる訳、無いですよ。...懸賞サイトで儲かっている人が、「知恵袋」で相談に乗ってくれる訳、無いですよ。ねぇ。懸賞サイトでの稼ぎ方を「知恵袋」に書いてくれてる人は、本当は「サクラ」・「客引き」だと思いませんか?なんか、リンク先がウサン臭いんですけど・・・。[⇒回答を読む]... [続きを読む]

受信: 2009.03.22 08:29

« 破産で綺麗事をいってられない!? 未だ大手先物会社「コムテックス」の広告塔を務める浜田幸一 | トップページ | 東証2部「バナーズ」恐喝で捕まった!? 仕手筋大物の面々 »