« 柿澤弘治元外相「お別れ会」発起人代表の顔ぶれ | トップページ | 新興上場企業元社長が覚せい剤所持で逮捕 »

2009.02.21

中国政府が逆にロシア船を大量拿捕かーー露、中国貨物船銃撃事件の深刻事態

 2月15日、ロシア極東沖で、中国の貨物船がロシア国境警備局の艦艇から銃撃を受け、沈没した事件は、わが国大手マスコミ報道とかなり異なり、実に深刻な事態になっているとの情報が入って来た。現地報道などによれば、中国政府は中国国民の「ロシアをやってしまえ!」の強いナショナリズムに後押しされ、すでに中国領内にいた135隻ともいわれる多量のロシア船を拿捕しているというのだ。わが国報道では、ロシア側が銃撃したのは、中国船が違法にロシア国境を横断かつ密輸船だった疑いがあり、停止命令に従わなかったためと伝えている。
2009年2月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 柿澤弘治元外相「お別れ会」発起人代表の顔ぶれ | トップページ | 新興上場企業元社長が覚せい剤所持で逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/44131943

この記事へのトラックバック一覧です: 中国政府が逆にロシア船を大量拿捕かーー露、中国貨物船銃撃事件の深刻事態:

« 柿澤弘治元外相「お別れ会」発起人代表の顔ぶれ | トップページ | 新興上場企業元社長が覚せい剤所持で逮捕 »