« <追加情報>警視庁が受理したインペリアルグループ・今津雅夫氏詐欺容疑担当者が退職 | トップページ | <心声天語> (89)人間の「寿命」 »

2009.02.06

赤坂摘発店ホステスが続々再入国ーー杜撰な「生体認証」入国審査

 本紙では過去、何度も、東京・赤坂の韓国人クラブに対する入管、警視庁の手入れ情報が、事前に漏れているとしか思えない事例を取り上げている。 昨年10月には、そうした店の一つとして「ポンジュ」も取り上げた。その後、写真週刊誌『フラッシュ』がママとサガサミー会長との関係を報じるなど、多くの著名人が利用していた有名な老舗クラブだった。だが、さすがに目立ち過ぎたのか、今回は摘発を受け、多くのホステスは入管難民法違反で強制送還され、ママも逮捕され、店は完全に閉じた。ところが、関係者によれば、早くもその強制送還された彼女たちが複数再入国し、赤坂の別の店で働いているという。強制送還された者には、一定期間ビザは再交付されないはず。なぜ、そんなことが可能なのかというと、「生体認証」入国審査の杜撰さに尽きるようなのだ。07年11月から、わが国もテロリストや不法入国する外国人をチェックするため、全国30の空港などで運用を開始。本来なら、両手人差し指をスキャンした際、強制退去処分になった者の指紋が登録されているから、それに該当し、入国できないはず。どういう手口なのか。
2009年2月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <追加情報>警視庁が受理したインペリアルグループ・今津雅夫氏詐欺容疑担当者が退職 | トップページ | <心声天語> (89)人間の「寿命」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43968806

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂摘発店ホステスが続々再入国ーー杜撰な「生体認証」入国審査:

» Viagra dosage. [Viagra.]
Viagra. Story comparison viagra. Viagra for women. Viagra sales uk. Nascar mark martin viagra jacket. [続きを読む]

受信: 2009.02.14 09:25

» Fioricet long term use damage. [Fioricet dosage.]
Fioricet. Fioricet and blood work. Butalbital fioricet com i. Buy fioricet online that ships to missouri. [続きを読む]

受信: 2009.03.06 10:44

« <追加情報>警視庁が受理したインペリアルグループ・今津雅夫氏詐欺容疑担当者が退職 | トップページ | <心声天語> (89)人間の「寿命」 »