« <臨時速報>あの「2ちゃんねる」の所有権がシンガポールの会社に移転 | トップページ | SFCG系「ジャスティス債権回収」の詐欺的取立に、被害者が行政処分申立、損害賠償請求訴訟提起も »

2009.01.03

<臨時速報>「クレディセゾン」子会社=「アトリウム」高橋剛毅社長の欺瞞

 本紙が数々の疑惑を指摘して来た、大手ノンバンク「クレディセゾン」の子会社ながら、東証1部の不動産会社「アトリウム」の高橋剛毅社長につき、本日の「毎日」が社会面で大きく取り上げている。アトリウムから20億円もの借金をしているという、会社私物化の疑惑を報じたものだ。高橋社長は06年4月と07年3月にストップオプションの権利を行使してアトリウムの株式を取得(108万株)、現在も105万株も所有し4位(2・3%)の大株主。この間わずか3万株しか売却していないが、ストップオプションにおいては含み益に対しても課税されるため、当時、上場来最高値に近かったことから課税額は約20億円4000万円となり、その大半をアトリウムからの借入で行って現在に至っているというもの。高橋社長は取材に対し、すぐ売れば巨額の売却益が得られたが、「社長が株を売ったのでは投資家に株を勧められない。株価が高い時に売却益が得られるのに売らずに頑張って来た」と正当化している。だが、本紙が得た情報によれば、これはまったくの欺瞞。株を売らなかった別の理由があったというのだ。
2009年1月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <臨時速報>あの「2ちゃんねる」の所有権がシンガポールの会社に移転 | トップページ | SFCG系「ジャスティス債権回収」の詐欺的取立に、被害者が行政処分申立、損害賠償請求訴訟提起も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43626731

この記事へのトラックバック一覧です: <臨時速報>「クレディセゾン」子会社=「アトリウム」高橋剛毅社長の欺瞞:

« <臨時速報>あの「2ちゃんねる」の所有権がシンガポールの会社に移転 | トップページ | SFCG系「ジャスティス債権回収」の詐欺的取立に、被害者が行政処分申立、損害賠償請求訴訟提起も »