« <緊急>「春日電機」、上場廃止決定の模様 | トップページ | 他にもあった。警察庁キャリアの不倫 »

2009.01.20

これだけじゃない。クレディセゾン系不動産会社「アトリウム」社員のリベート疑惑

 昨日の「読売」夕刊が、面白い記事を載せている。本紙が追及している東証1部、不動産会社「アトリウム」の社員が、「リアライズ」なる不動産会社が東京・六本木の不動産を購入する際、親会社でやはり東証1部の「クレディセゾン」から100億円の融資を引き出させた謝礼に5000万円受け取っていた事実を暴いている。本紙はこれに先立つ昨年11月6日、「これが『アトリウム』の大口債務者=不良債権リスト」なる記事を掲載しているが、このなかでリアライズも取り上げている。そして、不動産担保ローンの「ファーストクレジット」からやって来た5人組が、アトリウムの不良債権を拡大させた戦犯だと紹介したが、そのなかのF氏がこの5000万円を受け取った人物なのだ。「読売」記事は、アトリウムのコメントして、このF氏に対して「厳格に処分している」との主張を載せている。確かにF氏は昨年4月、懲戒解雇になっている。だが、問題の核心はリベートの件ではなく、そもそも問題の物件は50億円程度の価値しかなかったにも拘わらず、アトリウムが多く保証料(万一、リアライズの返済が焦げ付いたらセゾンに対し、アトリウムが代わって返済する保証として融資額の4%を取っていた)を取れるからと、実にその倍の100億円もの融資を仲介していた事実なのだ。
2009年1月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <緊急>「春日電機」、上場廃止決定の模様 | トップページ | 他にもあった。警察庁キャリアの不倫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43802156

この記事へのトラックバック一覧です: これだけじゃない。クレディセゾン系不動産会社「アトリウム」社員のリベート疑惑:

» 不動産担保ローンは安心して利用できる? [不動産担保ローンは安心して利用できる?]
不動産担保ローンは安心して利用できる? [続きを読む]

受信: 2009.01.21 02:17

» 不動産担保ローンの利用法 [不動産担保ローンの利用法]
不動産担保ローンの利用法 [続きを読む]

受信: 2009.01.21 04:54

» セゾンカードの永久不滅ポイント [セゾンカードの永久不滅ポイント]
セゾンカードの永久不滅ポイントはその名の通り、ポイントの有効期限がないクレディセゾンのクレジットカードのサービスの一つです。 [続きを読む]

受信: 2009.01.22 22:48

« <緊急>「春日電機」、上場廃止決定の模様 | トップページ | 他にもあった。警察庁キャリアの不倫 »