« あのキヤノン絡みのコンサルタント会社、立件は時間の問題 | トップページ | 日本人旅行者が恐怖の体験を告白ーー「タイの悪徳警官に大麻所持でカネをゆすられた」 »

2009.01.13

<心声天語> (82)日本の不況

米発のサブプライム・ローンの焦げ付きで世界の株価が急落、日本でも東証一部企業の時価総額が7日間(昨年10月)で56兆円分が吹き飛んだ。今日まで200兆円分の株価が目減りした。これだけの株価が目減りしたとなると、株を持っていた企業や個人の資産がそれだけ減少したことになる。悲鳴があがるのも当たり前だ◆不況に突入した中で新年を迎えた。マスコミも連日、景気の悪化を伝えている。優良企業といわれたトヨタやソニーまでもが人員削減に乗り出す中、政府は景気対策を優先するとの名分を掲げて衆議院解散を先延ばし、2兆円もの給付金を「景気対策」としてばら撒くといっている◆昨年の12月、老舗割烹が出した「20万円のお節料理」が一日で予約完売。東京の某百貨店が正月に売り出した「10万円の福袋」も5時間で売りきれた。不況とはいえ、「20万円のお節料理」や「10万円の福袋」を我先に買う人がいるとは、景気のいい話である◆新年の5日、東京の築地市場で新春恒例の水産物や青果の初競りがあった。重さ128キロのマグロが「960万円」の最高値で競り落とされた。初競りの祝儀相場とはいえ、マグロ一匹が一千万円近い値段、円高なので10万$以上の値段である◆毎年、正月を海外で過ごす人が何十万人もいる日本。百貨店の地下食料品街で高級食材が飛ぶように売れ、中高生の80%が携帯電話を保有している日本…豊かな生活に浸かりすぎてしまった日本人には、不況の“本当の意味”がわからなくなってしまったようである。(和光)
2009年1月13日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« あのキヤノン絡みのコンサルタント会社、立件は時間の問題 | トップページ | 日本人旅行者が恐怖の体験を告白ーー「タイの悪徳警官に大麻所持でカネをゆすられた」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43733219

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語> (82)日本の不況:

» ローン返済なび [ローン返済なび]
ローン返済なび [続きを読む]

受信: 2009.01.15 08:25

« あのキヤノン絡みのコンサルタント会社、立件は時間の問題 | トップページ | 日本人旅行者が恐怖の体験を告白ーー「タイの悪徳警官に大麻所持でカネをゆすられた」 »