« 本紙既報のフージャースコーポレーションVS住民の千葉・船橋市マンション案件で奇っ怪事件が連続発生 | トップページ | 「チムニー」が資本・業務提携していた相手のとんでもない実態 »

2009.01.15

<心声天語> (83)人材を求めるには

中国の、燕の国の昭王は、郭隗(かくかい)という家来に「強い国を作る方法はないか」と相談した。そこで郭隗は、強い国をつくるには「人材」が必要だと進言し、ある故事を話した◆昔、ある地方の君主がよい馬を探していたが、集らなかった。そんな時、君主の前にある男が現れ、自分がよい馬を探してくると申し出た。君主は男を信じて大金を与えた。ところが、男は死んだ馬の骨だけを持ってきた◆君主は、死んだ馬を持ってきた男に激怒した。しかし、この男には考えがあった。それは、死んだ馬にさえ大金を払った君主をみて「名馬ならもっと多くのお金をくれる」と評判になると考えたのである。案の定、一年も経たないうちにたくさんの名馬が君主のもとに集ってきた◆郭隗が昭王に言った。「本気で優れた人材を集めたいのなら、まず私のような何の取り柄もない人間を大切にすることから始めてください。すると周囲の人たちは、『あの隗のような人間でさえ優遇されるのだから…』と思い、優れた人材が国中から集まってきます」と言った。これが『隗(カイ)より始めよ』という言葉の語源だそうである◆多くの経営者が「人材」を求めている。しかし、「人材」を口にする経営者ほど、人材が集らない振る舞いをしていることが多い。これでは人材は集まらない。優れた人材は、社員を大切にする経営者のもとに集ってくるものだ。「士は己を知るもののために死す」という言葉がある。人材を求めるなら、経営者としての「徳」を積むことである。そう、「隗よりはじめよ」である。(和光)
2009年1月15日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 本紙既報のフージャースコーポレーションVS住民の千葉・船橋市マンション案件で奇っ怪事件が連続発生 | トップページ | 「チムニー」が資本・業務提携していた相手のとんでもない実態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43750045

この記事へのトラックバック一覧です: <心声天語> (83)人材を求めるには:

» 「年越し派遣村」には非権力側の団結の方向が見える [バロメータ]
私は毎日新聞の読者なので、その記事が多くなるが、1月12日には「派遣村 政府を動かす」という1面記事が掲載された。そこでは失業と同時に人間の生活基盤まで脅かす実態が与野党議員と政府を動かして厚生労働省に異例の講堂開放をさせた経緯が示されている。 派遣村には多くの方がボランティアとして参加され、ブログにもよく書かれているが、私は毎日新聞の記事を読んで、これを発展させる視点があるとよいと感じた。 1面の記事には、派遣村の湯浅誠村長が、副厚生労働相大村秀章氏や、民主党山井和則議員経由で菅直人代表代行に... [続きを読む]

受信: 2009.01.16 01:39

» 団結してガン克服を要求しよう [バロメータ]
ガンの現状は、日本と日本人の現状をもっともよく表すものである。 ガンは、右翼も左翼も、与党も野党も、経営者階級も労働者階級も区別なく襲いかかってくるものである。 誰もが関心を持つテーマである。 政治になかなかな関心を持てない人にも興味を持たせることができるテーマであると同時に、きわめて政治的なテーマでもある。 「日本ではなぜガン死亡者の数がドンドン増えるのだろうか?、なぜアメリカではガンの死亡者は減るのだろうか?」 このことを考えると、日本の医療行政や医療機関の、そして日本人の態度、特性が表れてく... [続きを読む]

受信: 2009.01.22 01:57

« 本紙既報のフージャースコーポレーションVS住民の千葉・船橋市マンション案件で奇っ怪事件が連続発生 | トップページ | 「チムニー」が資本・業務提携していた相手のとんでもない実態 »