« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第53回 これで受信料など払えるか! NHKは腐敗の巣窟(最終回)」 | トップページ | 東大合格実績№1ーー駿台予備校「女帝」の訴訟の行方 »

2009.01.08

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(193)某監査法人代表等処分で、経営危機説が出る上場企業10社

「日本公認会計士協会」は1月5日、2人の会員公認会計士に対し、監査業務が十分でなかったなどの理由から権利の停止5カ月という重い処分を下した。このため、この2人の公認会計士は同日から6月4日まで監査業務などが出来なくなった。この2人、公認会計士といっても、どこぞの大きな監査法人の若手などなら、まだ影響は少なかったかも知れない。協会は2人の所属監査法人名は公表していない。だが、この2人は揃って小規模な某監査法人の代表社員で、しかも内1名はこの監査法人グループのコンサルティング会社、それに税理士法人の代表でもあった。したがって、この処分は同監査法人が監査している上場企業の信用にも関わる。しかも、この監査法人は社員公認会計士はそもそも6名しかいないし、2人が中心になって幹事の上場企業10社の監査をしていたのだから、実際の業務がまともに出来るのか、との疑問も出て当然だろう。
2009年1月8日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第53回 これで受信料など払えるか! NHKは腐敗の巣窟(最終回)」 | トップページ | 東大合格実績№1ーー駿台予備校「女帝」の訴訟の行方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/43682699

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(193)某監査法人代表等処分で、経営危機説が出る上場企業10社:

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第53回 これで受信料など払えるか! NHKは腐敗の巣窟(最終回)」 | トップページ | 東大合格実績№1ーー駿台予備校「女帝」の訴訟の行方 »