« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »

2008.12.06

為末大選手だけじゃないーー「昭和ゴム」を傘下に治めたあの「APF」に投資している芸能人、スポーツ選手

 報告がすっかり遅くなってしまったが、東証2部、ゴム関連老舗メーカー「昭和ゴム」は10月22日、重大な報告をしていた。「コマーシャルペーパー購入についてのお知らせ」を出し、APFのグループ会社から11億円分ものCPを購入したことを明らかにしていたのだ。本紙既報のように、陸上400M障害メダリストの為末大選手が所属し、元プロサッカー選手・中田英寿、さらに久間章生元防衛相も広告塔を務める投資ファンド「アジアパートナーシップファンド」(APF)傘下の「明日香野ホールディングス」が昭和ゴムの割当増資を引き受け、APF会長・此下益司氏の実弟が昭和ゴムの社長に就任しているように、現在、昭和ゴムはAPF傘下にある。その明日香野ホールディングスの増資引受総額は12億4500万円だった(今年6月)が、それにほぼ匹敵する実に11億円が翌7月、APF側への投資に使われていた(=還流していた)のだ。実質、「空増資」ともいえ、本紙はすでに8月6日にこの件を取り上げ疑問視している(投資名目=CP、投資会社もあっていた。ただし投資額は12億円として報道)が、昭和ゴムはこんな重大な件を10月22日になってやっと公表。しかもこの情報は「IR情報」ではなく、単なるニュースリリースのところでしか明らかにされていない。こんなことが罷り通るとは、信じがたい。
2008年12月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.12.05

<記事紹介>「麻生首相と『ニコニコ動画』の危険な関係!」(『フラッシュ』08年12月16日号)

 今週発売の写真週刊誌『フラッシュ』が、興味深い記事を掲載している。麻生太郎首相といえば漫画好きで、東京・秋葉原での人気が一時注目を浴びたが、その人気は作られたものではないか、という問題提起をしているからだ。というのは、インターネット上の「ニコニコ動画」という動画配信サイトは約1000万人の会員がおり、かなりの影響力を持つとされるが、そこで「麻生自民党チャンネル」なる、麻生首相をヨイショする番組が配信されているし、今年9月の自民党総裁選前には麻生氏支持率実に80%とする自民党総裁選アンケート調査結果が発表されたりしたが、このニコ動の運営会社や関連会社に麻生氏の親族が関係しているからだ。ニコ動を運営しているのは、東証1部の着メロ等携帯向け音楽配信主力の「ドワンゴ」。「エイベックス・グループ・ホールディングス」が20・11%保有する関係会社)。そして……。
2008年12月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (2) | トラックバック (1)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(188)「上場企業社長がエセ右翼団体使い、社内ライバル追い落としを画策?」

 まさにタイトル通りのことが、上場企業で起きていた。それも最近上場した新興企業ではなく、東証1部に上場している、誰もが知るような歴史ある大企業トップが、だ。ただし、幸いなことに、そのライバル幹部に政治結社が出す「質問書」を作成までした( 以下に、そのコピーの一部を転載)ものの、仲介者が待ったをかけたため、実行までには至っていない。だが、その後、待ったをかけた理由が解消したにも拘わらず、質問書送付、街宣行動にゴーサインが出ないため政治結社側は激怒。仲介者を伴い、その上場企業社長宅を夜間訪問までしている。
2008年12月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.04

違法行為差止仮処分決定ーー篠原猛代取、 「春日電機」“乗っ取り”で事件化か?

 昨日、東証2部上場、電機機器メーカー「春日電機」は、東京地裁が、同社常勤監査役が申し立てた、篠原猛代表取締役社長の違法行為差止仮処分を認めたとして、IRを行った。いくら常勤監査役とはいえ、自分の会社、それも上場企業の代取が違法行為を行っているとして、その仮差を裁判所に求め、それが認められたのだ。異常事態であることは明らかだ。だが、本紙で以前から何度も指摘して来たように、篠原氏は“乗っ取り屋”だったことを思えば少しでも不思議ではない。詳細はそのIRをご覧いただきたいが、今年7月に代取に就任以降、実質、春日電機株の約4割を取得した篠原氏が元代表(現会長)の「アインテラス」に対し、無担保で総額4億4000万円が流出、さらに他の役員が誰が知らないところで無線クレジット決済端末が3000台も購入された名目で、その販売をしたとされる会社から1億5000万円の支払いを強行に要求されるという不可解な出来事も起きているという。
2008年12月4日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが山口組直系組長10名が処分になった『連判状』

 六代目山口組が後藤組・後藤忠正組長を「除籍」にして以降、同じ10月中に、さらに直系組長2名を「絶縁」、5名を「除籍」、そして3名を「謹慎」にしたことは大手マスコミでも既報の通り。本紙は内、9名の処分に関していち早く取り上げたが、この異例の大量処分の原因として、後藤組長の除籍に反対し、執行部のやり方を批判する『連判状』に名を連ねていたことは一般にはほとんど知られていない。また、知っている方でも、その連判状を見た方はそういないだろう。そこで本紙は、入手したその『連判状』(A4版3枚)を以下に転載する。
2008年12月4日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<心声天語> (72)「妻の知恵」

昔、中国に若い夫婦が住んでいた。ところが、夫は毎夜、恋仲になった隣村の娘に会いに出かけては、朝方に帰ってきた。ある日の夕方、夫がいつものように出かけようとした時、妻が化粧をはじめた。それからというもの、夫が出かようとすると必ず、妻が化粧をするのであった◆夫は、化粧をする妻をみて「僕が浮気するので妻も男をつくったのでは…」と疑いだした。そこである日、裏庭に回って妻を覗き見した。すると、美しく着飾った妻が神棚の前で「神様、毎夜峠を超えて行く夫が山賊にあわないように…夫が無事に戻ってきますように」と、夫の身を案じて祈っていたのである◆夫は、自分のために祈ってくれる妻の姿に感動し、それ以来、浮気を絶って妻だけを愛する夫になったという。男の浮気をこんなにまで寛大に受け止めてくれる女性は、いないだろう。しかし、ちょっとしたことで、別居だの、離婚だのと騒ぎたてるよりは、このような知恵で向かい会うことがいい場合もある◆夫の性格を知り抜いているからこそ、妻といえる。男と女が出会い、夫婦として歩んでいく過程にはいろんなことがあり、時には、試練や危機もある。しかし、それを乗り越えていくところに、夫婦としての絆が存在する◆冒頭の話には裏がある。夫の性格を知り抜いていた妻は、自分が化粧すると夫は必ず、その理由を探ろうと覗き見すると考え、「化粧の策」を講じた…すごい妻である。それにしても、中国四千年の知恵は、男の浮気までも封じ込めてしまう。(和光)
2008年12月4日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<記事紹介>「月刊誌『WiLL』がネットガセネタで土井たか子に謝罪」(『グローバルヴィジョン』09年1・2合併号)

 11月13日、月刊誌『WiLL』で名誉を毀損されたとして、社民党元党首の土井たか子氏が、発行元の「ワック・マガジンズ」や、執筆者・花岡信昭氏らに、全国紙への謝罪広告や損害賠償を求めていた訴訟の判決があり、神戸地裁尼崎支部は、土井氏が「半島出身者とされる」などの記述は「明らかに虚偽」とし、計200万円の支払いを命じた。月刊誌『グローバルヴィジョン』記事によれば、花岡氏は、インターネット上で「土井たか子=李高順」と広く流布されている=真実と思い込み、確認もせずこれを記載。だが、その真実性は戸籍謄本を見ればすぐわかることで、出版社側はすでに今回判決に先立つ今年9月26日発売『WiLL』に謝罪文を掲載していたという(問題記事掲載は06年5月号)。
2008年12月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.03

「オープンループ」空増資疑惑の証拠文書入手

 本紙が過去、何度か取り上げた、ヘラクレス上場の人材派遣会社「オープンループ」の空増資疑惑ーー取材の結果、その全体像が明らかになって来た。なかでも、本紙が入手した、前回失権した「横浜メディアサービス」とオープンループとの第3者割当増資に関する「合意書」は、その疑惑を裏づけるものとしてひじょうに重要なので、以下にそのコピーを転載する。注目していただきたいのは、その合意書の下に、駒井社長自身が個人として記した文面だ。
2008年12月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『週刊朝日』側が実質、勝訴したVS安倍晋三首相(当時)秘書らとの名誉毀損訴訟

 本日、全国紙など大手マスコミで、安倍晋三首相の公設秘書ら3名が、朝日新聞社などに損害賠償を求めた訴訟で12月1日、和解が成立したとの報道が一斉に流れた。この報道だけ見れば、安倍氏側は4300万円の損害賠償請求も、謝罪広告も放棄したとはいえ、朝日側が「指摘を認めて謝罪した」(安倍事務所コメント)のだから、実質、朝日側の敗訴で、損害賠償など放棄した安倍氏側は何とも寛大と思われた読者もいることだろう。だが、真相は、朝日側は問題になった記事「長崎市長射殺事件と安倍首相秘書との『接点』」(07年5月4・11合併号)のタイトルに関しては、すでに発売直後に謝罪広告を出しており、改めて、その点を謝罪したに過ぎない。
 記事の内容そのものについて謝っているわけではなく、安倍事務所の「指摘を認めて謝罪した」とのコメントが、もし訴訟提起の目的の一つ、「記事の取り消し」に関して謝っているというのなら、それは事実に反する。提訴時、本紙はこの提訴は安倍氏の「姑息な心根が見える」と報じたが、したがって、その程度の結果が出たと言うことだろう。和解した以上、朝日側も大きな声ではいえないだろうが、つまりは実質、朝日側の勝訴といっていい和解内容だったということだ(以下に、「和解条項」を転載)。
2008年12月2日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.02

当局も注目ーー「シルバー精工」、疑惑清算会社を売りつけた役員が辞任

 東証1部とはいえ、経営難が続く「シルバー精工」のその大きな原因の一つが、昨年2月、価値がほとんどないにも拘わらず、「創研」なる会社を39億円の巨額で買収したことであるのは、本紙既報のように、もはや疑いないだろう。その買収を主導したと思われる落合一也氏は11月30日を持って、シルバー精工から去った。落合氏は2000年9月に「渋澤国際総研」なる会社の代表取締役に就任。その後、03年4月、後にシルバー精工が買収することになる創研副社長に就任。さらに06年10月、シルバー精工の経営戦略室長を兼務していた。そして昨年2月、シルバー精工が創研を39億円もの巨額で買収したのは周知の事実。その直後の同年4月、シルバー精工の専務にまでなっていた。
2008年12月2日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<お知らせ>実践空手道 「英真会」が6、7日と護身術教室を開催

 つい先日、お知らせした、本紙メンバーも学んでいる、実践空手道「英真会」が、12月6日(土)、7日(日)と2日間に渡り、特別に護身術教室を開催する。
 空手教室のメンバーと関係なく、一般の方など広く対象としたもの。
 前回、空手教室の方を紹介したが、興味はあるけど直に道場に顔を出すのは……、という方は、この2日間を通して、まず同会の雰囲気を伺うのもいいかも。

○開催場所:東京・JR「高円寺」駅すぐの「BABY-Q ダンススタジオ」。
12月6日(土) 16時~19時 
12月7日(日) 13時~16時
2日間で5000円
(連絡先03-6750-6115)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.01

「J-POWER」関連控訴審判決に見る、裁判所が元幹部陳述書を信用できないとした理由

 東証1部、東京電力を始め電力10社への電力卸が主力の「J-POWER(登記社名は電源開発)」の化粧品元子会社が被告の控訴審は、J-POWER側の完全勝訴となった。だが、本紙既報のように、控訴審においては、J-POWER側の元幹部が、1審でJ-POWER側が全面勝訴した最大の証拠である「商談報告書」について、「本件裁判用に後になって作成されたものとしか考えられない」との陳述書を提出。そのため、本紙は逆転判決の可能性もあると報じた。では、控訴審の裁判官は、この「陳述書」についてどう判断したのか。以下、その該当する判決文箇所を転載する。
2008年12月1日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (1)

<心声天語> (71)「 星の王子さま」

一九二〇年、フランス人の「アントワーヌ・ド・サンテグジュベリ」という青年は、航空隊に入り、パイロットになった。しかし、飛行中に何度も遭難しかけたことで《自分は飛行士には向いていないのでは…》と思うようになり、飛行士の体験を元にした小説を書くことにした◆ある日、アントワーヌの脳裏にある物語が浮かんだ。飛行機の操縦士である「ぼく」は、サハラ砂漠に不時着する。孤独で不安な夜を過ごしていた「ぼく」は、翌日、一人の少年と出会った。少年と話すうち、その少年はある星からやってきた「王子さま」であることを知る。小さな星に住んでいた王子さまは、その星の花といさかいを起こしたことで星を脱出、いくつかの星を訪ねるうち地球に辿り着いた◆「王子さま」と「ぼく」、そして砂漠にいた「キツネ」との話を通じて、「星の王子さま」の絶妙な物語が展開される。その中で、『ものごとは心で見なくちゃ見えないものさ。大切なものは、目に見えないんだよ』と語る言葉が印象的である◆アントワーヌ・ド・サンテグジュベリが書いた「星の王子さま」は、全世界で8000万部(日本で600万部)が売れる大ベストセラー小説となった。戦後に紹介された「星の王子さま」は、日本の若者たちを虜にした◆アントワーヌ・ド・サンテグジュベリは、一時亡命していたが、一九四四年に母国に帰り第二次世界大戦に従軍。そして同年七月、コルシカ島の沖合で行方不明となり、帰らぬ人となった。アントワーヌ・ド・サンテグベジュリは、今頃、どこかの星で『地球という星の住民は、目に見えるものしか信じないんだよ』と、地球の話をしていることだろう。(和光)
2008年12月1日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.30

新銀行東京「口利き案件リスト」に登場する政治家111名と個別口利き件数

 中小零細企業の救済をめざし、石原慎太郎知事が再選公約通り、都から1000億円を出資して05年4月に設立した「新東京銀行」。別名「石原銀行」ともいわれる由縁だが、設立以来、赤字を垂れ流し、今年に入って400億円追加融資したものの、依然、先行きは見えない。こうしたなか、先日には融資詐欺事件が発生。さらに「口利き案件リスト」(A4版10枚。600件以上)なるものも出て来た。口利き自体が直ちに悪いわけではないが、新銀行東京の経営状態や、この手の口利きの過去の実態を思えば、政治家(OBも含む)やその秘書が手数料を受け取り、本来、無理な案件でも融資を引き出させたケースもかなりあると見られる。このリストのすべての政治家名を上げ、分類したものは少なくとも本紙は見ていない。そこで以下、お伝えすることにした。来年7月は都議選。この口利き疑惑が一つの焦点になるのは間違いないだろう。
2008年11月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<主張>懸念される麻生内閣・警察元トップ官房副長官起用

 漆間巌元警察庁長官(63)が、麻生太郎内閣の官房副長官に就任した。警察庁出身者が同職に就いたのは30数年ぶりという異例人事だったことは本紙でも指摘した通り。その30数年前に官房副長官に就いたのは、元警察庁警備局長の川島廣守氏。正確には32年ぶりということになるが、元長官ということでいえば川島氏の前の故・後藤田正晴氏以来。後藤田氏が就任したのは1972年7月、田中角栄内閣においてのことだった。その後、後藤田氏は代議士になり、わずか当選2回で第2次大平内閣の自治大臣として初入閣。中曽根康弘内閣で官房長官に就任。さらに副総理まで勤めた。結局のところ、後藤田氏がこれほど異例の出世を遂げたのは、もちろん本人の能力もそうだろうが、ロッキード事件に遭遇し、そして何より長官退任後、直に官房副長官に抜擢され、警察庁とのパイプが太く、しかも旧内務省出身で情報に強く、その情報収集力が買われ、あるいは、脅しとして効いていると考えていいだろう。これに対し、漆間氏の場合……。
2008年11月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »